無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

長篇出す時は小説とか長くなるだけで辛い。
ゴキブリ事件が過ぎて

江戸はいつものように平和な日常を

送っていた
私はというと

万事屋に遊びにきていた
神楽
あなたー
聞いてヨ。銀ちゃん最近まで
バイクが爆発して地上30メートルから
川に落下してあと病院で寝込んでたにも
関わらず今じゃピンピンネ(※11巻の【走り続けてこそ人生】より)
坂田銀時
神楽ァ
それはなぁ。漫画だから小説だからアニメだから
許される。二次元でしか許されない
魔法の技なんだよ。
そこを的確にツッコン出ると
周りの奴から冷たい目で見られる
ひどい時には友達さえも失うんだよ。
志村新八
いや、銀さんあんたもかわりませんよ。
メタ発言やめてください。
3人がガヤガヤと言っていると

インターホンが鳴った
________________________________________________________________________________________________________
志村新八
お茶です
ガチャン
新八くんがお茶を机に置くと

銀時 神楽 私が

座っているソファの後ろにササッと

隠れた
志村新八
あの、、
今日は
何のようで?
だが相手は無
あなた

.....天人ってこんなのもいるんだ。。

坂田銀時
おいあなた
何、感心してんだ。
つか、何なんだよ。
何しに来たんだよこの人恐えーよ
黙ったままなんだけど。
あなた

てか、この子誰?

志村新八
えっ、
あなたさん知らないんですか?
あなた

すまぬが生憎

神楽
ヅラのペットネ。
エリザベス言うネ。
あなた

え、桂天人ペットにしてたんだ。

志村新八
ていうかあの人
怒ってんですかアレ
笑ってるんですか。
坂田銀時
笑ってたら笑ってたで恐いよ
なんで人ん宅来て
黙ってほくそ笑んでんだよ
なんか企んでること
山の如しじゃねーか
神楽
新八 お前のお茶が気に食わなかったネ
お客様はお茶派ではなく
コーヒー派だったアル
しかし新八くんがお茶を出した所

やはり無

すると電話が鳴り

銀時がそれにでて

私達が作戦を考えていると

坂田銀時
おーう
俺 ちょっくら出るわ
志村新八
!!
あっ
ちょっとどこ行くんですか!?
坂田銀時
仕事〜
お客さんの相手は頼んだぞ
志村新八
ウソつけェェェ!!
自分だけ逃げるつもりだろ!!
私達は顔を見合わせて眉間にシワを寄せた
あなた

ごめん2人とも私
銀時に喝入れてくるわ

志村新八
よろしくお願いします
神楽
こうガァー!っとよろしくヨ!
あなた

オッケー!

________________________________________________________________________________________________________
さっ、エリザベス?の方はあの二人に任せて

銀時は引っ叩きにいこ







 ※原作と違ってる理由

 多分アニメ勢もいると思うんで

 私はアニメの方を見ながら小説書いています。

(アニメ勢の方もわかりやすい様に)

 漫画勢の方原作と違ってる所があると思いますが、

 見逃してください。
  
 なんなら私だって漫画見ながら書きたいわ。

 だけど、漫画の方だと文字文多くなって

 結局全然先に進めないので

 めっちゃ飛ばします。台詞とか変えます。

 たまに台詞とか違う奴に言わせます。

 こんな感じになります。

 長篇出すとまじで辛いんです。

 まぁ。〜篇とか、自分が付けないうちに勝手につけられてるもんだかんね 

 これを見てるやつ、この作者の超長い駄文はな

 【『折角見てやってんだこれぐらい我慢しろよ作者』
  とかほざいてる奴。
  お前今日の夜中寝る時やトイレ行く時気をつけとけ
  生き霊がお前んち行くから。
  お前の家の洗濯機に私の体、二等分にして
  濯ぎ一回まわしてやろうか?お?
  んなら、てめぇと家のトイレにパンツ流して
  詰まらせて。トイレの水逆流させたろか?】篇

  と言うことで
 
  この長篇駄文は終了〜