無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

支えてくれた存在
あなた

今日は絶景の天気だなぁ、

天気なのはいいが、、今日は辰馬とのお別れだ
この戦争が嫌だとか仲間が死ぬのは嫌か、、、、




分かるよ辰馬、
だけど、行って欲しくない。



辰馬とは最初


馬が合いそうにないなんて思ってたけど
本当は、、辰馬は優しくて強くて馬鹿だけど天才で詐欺師で、、、




彼には感謝している
辰馬がいなかったら今私達はここにいないと思う
また、松陽と同じみたいに大切な仲間との別れか、

銀時と辰馬と私は門の前で話していた
坂本辰馬
銀時、あなたおまんらも一緒に行かんか。
坂田銀時
悪いがそりゃ遠慮しとくよ
あなた

私もすまんね辰馬

坂本辰馬
そうか、、お前らがおりゃー面白か漁になると思うちょったんじゃがのぉ
坂田銀時
悪りぃなー    
  こう見えてもこの星が好きでねぇ。。
  宇宙でもどこでも行って暴れまわってこいよ
  おめーにはちんまい漁なんざ似合わねー。
 でけぇ網宇宙にぶん投げて星でもなんでも釣り上げりゃぁいい、
あなた

銀時と同じく。
辰馬のしたいことなら私達は止めないし
逆に楽しんできなよ!辰馬は心が広いからこんな狭い星じゃ似合わないしね!

そういうと辰馬は微笑んだ
坂本辰馬
おんしゃあ、これからどうするがか?
坂田銀時
俺らか?
そうさなぁ
のんびりここで釣り糸垂らすさ。
地べたおっこちた流れ星でもつり上げてもっぺん空にリリースよ
あなた

フッ
そういう訳だから、辰馬も
思いっきり羽広げて商いしてきなよ!

坂本辰馬
おまんら、ありがとう。



作者の独り言
土佐弁なんですけどね
ありがとうをおおきにっていうか迷ったんですけど、
結局ありがとうにしました
発音とか土佐弁あるんですけど
それは各自の想像でおねしゃ