無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

花粉かしんねぇが最近鼻詰まりなんだよっ!
それから数年後
天人達の襲来により
経済や医療がどんどんと新技術になっていった
だがデメリットもある。私達人間は天人達を恐れながら生きていかなければならない


全く腐った世の中になったもんだねぇ
窃盗や痴漢などをしても人間は天人に逆らえないのだ
例えば、、
女「キャッ!」
天人「おっと!手が滑った〜!」
女「....っ!」
白々しい、、女のケツ触ってんじゃねェ、、

手が滑った後でも触っとるし、、、
女「あのっ、、!」
天人「だから手が滑っただけっつってんだろー!!」
そう言いながらも触っている
するとそれはどんどんと服の中へ入って行こうとしていた
あなた

イラッ💢

私は持っていた刀を鞘にしまったまま投げつけた
あなた

おーっと!手が滑ったー!!

天人「何しやがる!!?」
あなた

だから手が滑っただけですって〜!

天人「嘘つくんじゃねぇ!思いっきり殺しに来てたじゃねェか!!!」
あなた

そうですが。何か問題でも?ニコ

私は地面に刺さった刀を引っこ抜き女の方に
あなた

こんな天人放って帰った方がいいですよ〜あはは〜

すると女の人は私にすごくお礼をしてくれて帰って行った
あなた

さてと、、私も

天人「おいっ!!」
天人「えっ!?あいつどこ行きやがった!?」
私は天人とややこしことになる前に退散した
あなた

何処かな〜歌舞伎町♪歌舞伎町♪






随分と歩いたすると後ろから男に声をかけられた
??
止まりやがれ。テメェ
あなた


なんでしょうか?

私は被っていたフードをより深く被った
??
なんでしょうか。じゃねぇだろィ
刀は銃刀法違反でィ
ちゃんと許可だしてんのかィ
あなた

銃刀法違反、、?
(何その法律。。初めて聞いた。武器とか所有したらいけないのか?)

??
なんでィ
テメェ
銃刀法違反もしらねぇのか?
??
まっ
取り敢えずその刀渡して貰おうじゃねェですか
あなた

...あなたは何なんですか?
すいませんがこの刀は譲ることは出来ません。
大事な物なんで

??
お巡りさんに楯突こうとはおもしれィ
あなた

お巡りさん??町奉公の事?

??
テメェ、真選組もしらねぇのか?
あなた

生憎

あなた

つか、あなたさっきから名も名乗らずになんですか?

??
俺は沖田総悟でィ
あなた

ん?何?総一郎くん?

??
人の話聞きやがれてめェ
あなた

んで?総一郎くん
刀だっけ?コレは渡せない
ていうかしっかり鞘と刀の柄の部分
固定してるし、抜けないけども?
銃刀法違反なんですかね。これ

沖田総悟
許可書をもらってねェと使えねェんだよ
あなた

そうですか、、
それはすいません
田舎から出てきたばっかりで
まだ慣れてなくて ^ - ^

沖田総悟
ま、取り敢えずその刀は没収でィ
そういうと彼は私から刀を引き剥がしやがった
あなた

あっ!!!

私が持っていた刀は松陽からの大切な物だった


小さい頃に初めて松陽がくれたお守りのような物だ




この刀だけは渡せないっ!!!!!
私は懐を探りクナイを彼に突き立てた
彼の顔面を目掛けて振り下ろすクナイ





まぁ、殺す気ないけど
でも彼は易々と腕を掴んで受け止めた
沖田総悟
てンメェ、警察に向かって何してやがるっ!
あなた

人の大事なもんっつってんのに奪い取るなんざっ!
それでも民を守るお巡りさんか?
やっぱりただの税金泥棒さんなんですか?

沖田総悟
フッ面白ェ
沖田総悟
んじゃ、、
彼はポケットに手を突っ込み何かを出して私の方に振り下ろした
あなた

!!!?