無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

キレて笑うと怖く見られるらしい
受付1
お一人様ですか?
あなた

いえ、友人たちが先にいるはずなのですが。
俺と一緒の銀髪のやつと黒髪ロングと厨二のやつと馬鹿居ませんか?

受付1
あ、それならここを右に行って花の間という部屋にいますよ
あなた

ありがとうございます。

私は言われた通りその部屋まで行った
あなた

ここかぁ....

あなた

ニッ^ ^

私は襖を開けた
そこには皆んな驚いた顔をしていた
あなた

やぁ、俺を置いて遊郭に行くなんてまったく酷いなぁ
俺も連れてけよニコニコ

坂田銀時
ギクッ(なんであなたが、、)
あなた

遊女達すまないが5人だけにしてくれるかな?

遊女
えっと、、汗
遊女
どうしよ、、汗
あなた

ごめんね〜次来たら俺にサービスしてよ

と遊女たちにウィンクをした
遊女
はっはい!///
遊女
分かりました!////
すると遊女達はそそくさと部屋を後にした
あなた

じゃぁねぇ〜

私は遊女たちに手を振って見送った
あなた

さーてと

あなた

おい(抵声)

「「「「.........」」」」
あなた

お前ら死にてぇのか?

あなた

なぁ?

私は辰馬の胸倉を掴んだ
あなた

なぁ?

坂本辰馬
すまんのぉ....あなた
あなた

遊郭に行く事態はいい
だがな、、報告しろ?連絡しろ?相談しろ?
なぁ?

あなた

よーし!遊郭に行くって言い出したやつだーれだ!ニッ

全員辰馬を見た
あなた

たーつーまー♪ニコニコ

私は辰馬を締めて気絶させた
そして辰馬の首根っこを掴んだ
あなた

うーし!帰んぞー
あ、帰った後命無いと思えーニコニコ

私は辰馬を引きずりながら拠点まで帰って行った
あとの奴らは無言で後ろを歩いていた