無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

サーモンピンクって略してサモピクでヨロシ
私がカツラを被り直そうとしていると

私とすれ違いに屋根の上を三人が通った

するとそこにいた一人が

私にすれ違い様に殴りかかってきた

私は驚きで相手の手を掴み

空中一回転してみごと避けることができた
あなた

(へぇぇ!?なんでィ!こいつ!何!?通り魔!?)

ていうか、、よく見たら

その男は全身に包帯をしていた
あなた

......(モノホンの通り魔じゃね?)

???
へー
地球にも面白い奴が居たんだ
あなた

は?(何言うてはりますの?)

???
団長ー
早くしろィ
???
うん
今行くよ
あ、そうだ君
次会ったら俺と手合わせしてよ
そう言って彼はどこかへ行ってしまった
あなた

え、、?え、、全力で断る









そしてやっと到着することができ
あなた

ここかァ、、
見るからに遊んでそうなトコだな

流石に、正面から突撃隣の晩御飯しても

追い返されるだけだし窓が空いてる部屋から

突入すんべ
あなた

んー、、どこも空いてない
多分中で【自主規制】してそうやなァ

あなた

あっ!

すると丁度ひと部屋だけ空いてる所を発見した
あなた

うっし!
登るか!!

私はクナイを壁に刺し

それを踏んで飛び

それの繰り返しで登ることができた
あなた

っと、

登れたにはいいが

なんかついた途端

すっごい物音っていうか

何か壊れる音がするんだけど

何〜?

そんな激しい【自主規制】してんの〜

ちょっとーお隣さんから苦情くるってこのレベル
あなた

まっ、取り敢えず探索すよ

部屋を出るとそこはとても広い中央部に出た
あなた

わーお
ターミナルと同じぐらい高いしでかいなー

私が手すりに手をかけ上を見上げると

何故か1部屋部分から煙がたっていた
あなた

は?何してんあそこ

あなた

ツッキー達どこ居んだろ
早く来ないかなァ、

そんなことを思いつつ最高位を目指して歩いていると

したから爆発音が聞こえた
あなた

!!

見下ろすとそこには

何十人かの百華が集まっていた
ツッキー!!みんな!!

でも、晴太くんが居ない、、

まさか、あの三人に!!
三人がここに来たということは 

ここにいる可能性がある!!
探さないと!
私は必死で晴太くんを探した
すると百華に追われている晴太くんがいた
あなた

!!
晴太くん!

私が晴太くんの手を引き

逃げていると

後ろから追ってくる百華達が

血が飛び出して何人も倒れた
???
こんな所で何してるの
ひょっとして日輪おかあさんでも
捜しているのかい
あれ? 
君、俺の拳避けた子だよね?
サーモンピンク髪をした男はケラケラと 

笑いながら話した
晴太くんはガチガチと

震え涙を浮かべ私と握る手の

力が強くなった
???
アリ?
どうしたの?
寒いの?
大丈夫?
???
そんなに会いたいなら
会わせてあげよっか?
日輪おかあさん
晴太
お...
おちょくってんのかよ
晴太
ア...アンタ...
オイラ達の味方じゃない
鳳仙の味方でもない
一体....
何なんだ
???
あいにく
吉原にも仕事ビジネスにも
興味はないんだ
するとゾロゾロと百華たちが集まってきた
???
会いたくなった
あの夜王鳳仙を
腑抜けになるまで
たらしこんだ女に
するとワアア!っと

百華が攻撃をしてきた

するとピンク頭の奴が晴太くんを抱えて

天井の柱につかまった

私も柱に掴み飛び降りると同時に

百華数人を斬った
ブシャアアア!!
つか、ピンク頭よ素手で殺すって、、やば
???
俺はどうやら
今まで捜し人を
間違ってたらしい
???
...さあ会いにいこうか
???
吉原で最も美しく
強い女に
するとピンク頭は進み始めた
晴太くんは私の横に並んで

少し戸惑いつつも彼について行く
神威
あっそうだ
名前言うの忘れてた
俺は神威
晴太の方は知ってるけど
隣の奴は名前知らないや
あなた

.....あなた

つか、、カツラ、、外したい。

暑いし痒いし
晴太
というかあなたさんはなんで男装してるの?
あなた


コレ?吉原って普通
女性入っちゃいけないらしいから
男装してたらすんなり入れたんだ

でもこんな時だしはずそ
私がカツラを外すと

髪の毛が落ちてくる(ハゲじゃないよ?

うわぁー髪ボサボサになってないよね、?
神威

あんた女だったんだ
あなた

ん。
そうだけど

私は髪を一つにまとめながら言った
神威
面白いネ
日輪より強いのかな
そんなことを言ってると前から百華がまた襲ってきた

するとまた神威が素手で殺す
すると晴太くんが廊下の角に隠れ
晴太
やっ
やめろォォ!
晴太
お前
そんなに人を
殺して何が
楽しいんだ!!
なんで
そんなヘラヘラ人を殺せんだよ!
神威
ひどいなァ
ここまで連れてきて
あげたのに
それにコイツら
君の母さんを
吉原に閉じ込めてた
連中だよ
晴太
頼んだ覚えはねぇやい!!
神威
笑顔コイツが俺の
殺しの作法さ
どんな人生であれ
最後は笑顔で送って
すこやかに死なせて
やらないとね
神威
逆に言えば
俺が笑いかけた時は
殺意があるととってもいい ニヤ
晴太
ビクッ
すると晴太くんはササっと壁に隠れた
神威
冗談だよ
俺は子供は殺さない
主義なんだ
この先強くなるかも
しれないだろう
神威
おいでよ
君も笑うといい
すると神威が向いている

その先には木と鉄でできた中から

出ることのできない

大きな扉があった
神威
お母さんに会うのにそんな
シケた顔してちゃいけないよ