無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

おい男ども女を怒らせると半殺しにされるぞ
今、私は絶賛腹を立てております。
なぜかって?攘夷戦争真っ只中の今あの4バカが遊郭に行ってるから(報告せずに)
しかも、こんな日に限って敵が侵入してきて団員の殆どが致命傷受けたし
私はだって?平気に決まってる。ストレスを敵にぶつけたわ
敵は全滅したけど私の腹の虫は全滅してない
別に遊郭に行く事態はいい。流石に束縛女ではない
でもさ、ホウレンソウしろや!!!
報告・連絡・相談!!!!
勝手に行かれると今日みたいに敵がきてこっちが全滅すんだよ!!
そんなことを思いながら団員の怪我を治療していた
団員1
...........
(あなたさんめっちゃ怒ってるっ!!!怖いっ!!そんなドス黒い笑顔で治療しないでくださいっ!)
あなた

ニコニコ^ ^

あなた

よしっ。これで終わりね
あんまり動くと傷口開くから安静にね
あ、あと私ちょっくら出かけてくるから

団員1
は、はい......
私は治療を終えると自分の部屋に戻って男ものの袴に着替えてウェッグを被った
勿論銀髪のね
あなた

うしっ!

あなた

(待ってろ4バカ殺しに行ってやる)

私は急いで遊郭まで行った
あなた

(ここが、、)

私は女とバレないために声を低くし一人称も俺に変える
私は門を潜り中へ入っていった





________________________________________________________________________________________________________
あなた

(へぇー遊郭ってこんな感じなんだ)

木の格子の中に女の人たちが売られている
そして色んな所に男性にべったりくっつく女の人たち
あなた

(別に好きじゃない人たちに買われるとかかわいそすぎる)

でも自由になったとしてもこの人たちは本当の自由を知らないんだなぁ
私はそう思っているとある人に腕掴まれた
遊女
カッコいいお兄さん わっちと一緒にどうですか?
うぉ、この人私の腕に絡んでる
つか胸が当たってる
あなた

(よし、イケメンスマイルやってやるか)

私は女の人に掴まれてる腕の逆の方を女の人の頬に手を添えて顔を近づけた
遊女
へっ、、?////
あなた

美人な人ですね。ですが俺にはやることがあるんです。すまないが今日はお預けだ ニッ

そして遊女の頬にキスをした
あなた

(別に本当はこんな性癖持ってないよ(?))

あなた

じゃぁね。別嬪さん♡

遊女
は、はいぃ、、////
すると遊女は真っ赤な顔をして座り込んだ
あ、やり杉田玄白
つーか、こんなことしてる場合じゃない!
私は遊女たちに聞き取りをし時折イケメンスマイルを見せて4バカのところまでたどり着いた
あなた

(ここにいんのかあいつら)