無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

雑イラあるから(ウルトラスーパーゴミ絵
高杉晋助
テメェ、、、
覚悟はできたかァ、、、
あなた

え?

高杉が私の腰に手を添えて

普通に座った体制に直し
私の顔に手を添えて
なお、キスシーンなどが嫌いな方は下がってください【R指定じゃないようにする】
キスを迫ってきた
あなた

(どうしよ、どうしよ、どうしよ、どうしよ、どうしよ、
  えらいことになったァァ!)

高杉の顔があと数センチでくっつきそうな時 

【作者のクッソ雑イラです。時間かけるのめんどくさいからちゃーっと描きました】
あなた

っ!

ドンっ!
高杉を押してしまった
高杉晋助
テメェ、、
あなた

高杉、お願いこれだけで我慢して

私は高杉の頬にキスをした
チュ
高杉晋助
.....!
あなた

あはは、、は、、

あなた

.....?
あれ?高杉?
どうしたー?

すると高杉がまた私の頬にを添えて

チュッ
あなた

!!

高杉晋助
フッ、
あんなことされて我慢出来るわけないに
決まってんだろォ?
あなた

な、なにを、、!

あなた

高杉、、お前らしくないぞ。。こんなことして、

高杉晋助
俺はテメェを手に入れる。
できねェホラは吹かねェんだ
あなた

っ、、!

そうだ高杉は成長したんだ、、

いつでもあの時のような高杉じゃないんだ、、
高杉晋助
まだ足りねェ、
あなた

は?

私はその時に

危機察知能力が発動して

急いでベッドを降りて

ドアの方へ向かった
だが高杉にそれを止められ

私の腕を掴み

引き寄せた

高杉は私が逃げないよう

背中に手をまわし

また唇を重ねた
あなた

ー!!

高杉の胸板を押すが

びくともしない

あなた

高杉っ((ヌルッ

高杉晋助
.......
あなた

んっー!!

「高杉」と言おうとして  【またまた作者の雑イラです。これで我慢して絵下手なんや】 ⤴︎

口を開けていたら

高杉の舌が口の中に入ってきた
必死に自分の舌を引っ込めるが

高杉はそれを無理矢理絡ませてくる
高杉晋助
.....
あなた

やめっ、ふっぇ!

声を出してやめてくれるように言おうとも

舌を入れられていて

喋れない
高杉の唾液と私の唾液が

口から垂れる
高杉晋助
っハ、、、
あなた

プハッ、、はぁ、

高杉晋助
あなた、、舌出せ
あなた

無理絶対
いや

高杉晋助
んじゃねェと。
お前の仲間の中国娘を殺す
高杉晋助
さァ。
どうすんだァ
あなた

!!(神楽、、!)

あなた

.....約束だ
 殺さないと

高杉晋助
あぁ、
するとまた高杉は顔を近づけた
高杉晋助
口開けて舌を出せ
あなた

っ、、、

私が舌を出すとまたそれを絡めてくる。
何度も何度も。角度を変えて
あなた

っは、、これでいいでしょ。

高杉晋助
まぁ、これぐらいで今日は許してやる
あなた

今日は!?

高杉晋助
あぁ、俺はお前を手に入れる。
意味分かるか?
最後までやるんだよ
あなた

は?

高杉晋助
次は腰が痛くなるかもなァ ククッ
あなた

高杉、、テメェ、、
(....電車で痴漢される子の気持ちがよくわかった。。)

高杉はそう言い残し、部屋をあとにした
私はさっきの恥ずかしさと疲れで

床に倒れるように座った
すると後ろに何かの気配を感じ
あなた

誰だっ!

そこにはエリザベスの姿があった
あなた

エリザベス?何でここに?

あなた

桂!?えっ!何で!?

桂小太郎
エリザベスじゃない桂だ
あなた

え、、待っていつからいた?

桂小太郎
静かにしろ
高杉にバレる
桂小太郎
あなたがここに運ばれてきた時からだ
あなた

待って、、私と高杉のあれ見た?

桂小太郎
見たぞ
お主と高杉がにゃんにゃん...
あなた

そこまで行ってねェ!

桂小太郎
まぁ、でもDキスしてるのは見たな
あなた

てか、何で桂ここにいんの?生きてたの?

あなた

はぁ、、、最悪だぁ、、! 
助けてくれてもよかったじゃん、、、!

作者((疲れたぁ、、

てか、あのイラストのキスシーン【Dキス】

黒で隠してるやつ外して欲しい?

また別で枠構えるんでいいですよ。そちらに貼っときます

外して欲しい人は

コメントとハートよろしく

コメント
【外したやつみたい!】
まぁ、こんなこと書いとけば
いいです