無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

最後の紅桜
すると似蔵が銀時の方へ

走った
鉄子
銀さん!!
無理だ!
正面からやりあって
紅桜に....
神楽
銀ちゃーん!!
2人は目にも見えぬ速さで斬り合った

すると銀時の鉄子さんの打った刀は切れ

似蔵ともども紅桜は無くなった
鉄矢
護るための...
剣か....
お前....らしいな
鉄子
鉄矢
.....どうやら私は....
まだ打ち方が....足りなかった....
らしい
鉄矢
鉄子
鉄矢
いい鍛冶屋に......
鉄矢
な.....
鉄子
.....きこえないよ 
........兄者
鉄子
いつもみたいに......
大きな声で言ってくれないと......
鉄子
きこえないよ
すると鉄矢さんは安心した顔で息を絶った
あなた

.....鉄矢さん、、鉄子さん、、

志村新八
!!
早くここから出ないと!
いつ壊れるかわかりませんよ!
坂田銀時
ゴホッ(吐血
神楽
銀ちゃん!!
鉄子
銀さん!
坂田銀時
すまねーな、鉄子、、
お前の兄貴護ってやれなくて、、
鉄子
いいんだ、、兄者も
きっとこうなる事は
分かっていて紅桜を渡したのだろうから、、
坂田銀時
そうか、
ゴホッゴッ(吐血
鉄子
銀さん!!
さっ!肩を貸してやる!
坂田銀時
あんがとさん、、
あなた

はぁ、、(一件落着ってとこか、、良かったァ、)

あなた

(だが、、なぜさっきから嫌な予感が、、、)

銀時は鉄子さんの肩を借り

神楽と新八くんは先導してくれた
外に出ると鬼兵隊の何人かが待ち構えており
私と新八くんと神楽で

倒していく
神楽
おーう
邪魔だ邪魔だァァ!!
志村新八
万事屋銀ちゃんが
お通りでェェェ!!
あなた

あはは、元気いいなァ 
2人とも

私達が船舶中央に集まると

そこには天人と鬼兵隊の姿があった
中央にヅラ達と私らで固まり

周りを天人らに包囲されている状態だ
坂田銀時
....よォ
ヅラ
どーしたその頭
失恋でもしたか?
桂小太郎
だまれ
イメチェンだ
桂小太郎
貴様こそ 
どうしたそのナリは
爆撃でもされたか?
坂田銀時
だまっとけや
イメチェンだ
あなた

(どんなイメチェンだよ、)

桂小太郎
どんなイメチェンだ
モブ
桂さん!
ご指示を!!
桂小太郎
退くぞ
モブ
えっ!!
桂小太郎
紅桜は殱滅した
もうこの船に
用はない
うしろに船が来ている
急げ
天人
させるかァァ!!
天人
全員残らず狩りとれ!!
私と銀時と桂は

こちらに向かってきた

天人たちを斬り倒した
ズシャァァ!!
桂小太郎
退路は俺達が守る
あなた

皆んなは早く

坂田銀時
いけ
モブ
しかし...!
志村新八
銀さん!!あなたさん!!
するとエリザベスが神楽と新八くんを抱え

船の方まで走って行った
神楽
わっ!!離すネエリー!
天人
行けェェ!!
天人
あの三人の首をとれェェ!!
ザシュ!ザシュ!
向かってくる天人たちを斬っていく
天人
ひっ...ひるむなァァ!!
天人
押せ!押せェェ
たたみかけろォォ!!
減る様子もない天人達を私たちは隙を見せる事なくきっていく
桂小太郎
銀時ィ!あなた!!
あなた

あ!?

坂田銀時
あ!?
桂小太郎
世の事というのは
なかなか思い通りにはいかぬものだな!
桂小太郎
国どころか
友一人変えることも
ままならんわ!
あなた

ヅラぁ
お前に友達なんて呼べる奴いたのかァ!?

坂田銀時
そいつぁ
勘違いだ!
桂小太郎
斬り殺されたいのか
貴様らは!!
桂小太郎
銀時ィ!!あなたっ!!
あなた

あ''あ''あ''!?

坂田銀時
あ''あ''あ''!?
私達は互いに背を向け合い
桂小太郎
お前らは ハァ、、ハァ、
変わってくれるなよ
お前らを斬るのには
骨がいりそうだ
まっぴら御免こうむる
あなた

ヅラ、、お前が
変わった時には

坂田銀時
俺達が真っ先に
叩き斬ってやらァ
ガチャ

私達は高杉に刀を向け
あなた

高杉ィィィ!!

桂小太郎
そーいうことだ!
坂田銀時
俺達ゃ
次会った時は
仲間もクソも関係ねェ!
               「「「全力で...てめーをぶった斬る!!」」」
坂田銀時
せいぜい街でバッタリ会わねーよう
あなた

気をつけるこった!

天人
なっ!あの女だけでも捕まえろ!!!
すると私達が船から飛び降りようとすると

天人達が私めがけて

走ってきた

あなた

んなぁ!!!くどいっ!!!

シャシャッ!!
私は懐にあったクナイで

天人の顔面に突き刺した
桂小太郎
行くぞ!!あなた!!
あなた

おうっ!

私と銀時は桂に掴まり
パラシュートを開いた桂はそのまま地上にむかって降りていく
桂小太郎
ブハハハハ
さ〜らばァァ!!
天人
逃すなァァァ!!
すると砲弾を打ってきたが全て空中で破裂し
届く事はなかった
あなた

用意周到なこって
ルパンかテメェ

桂小太郎
ルパンじゃないヅラだ
あっ、間違った桂だ
伊達に今まで真選組の
追跡をかわしてきた
わけではない
すると桂は切れた教書を

懐から出した
桂小太郎
しかし
まさか奴も
コイツを
まだ持っていたとはな....
桂小太郎
......始まりはみんな同じだった
桂小太郎
なのに
随分と遠くへ
離れてしまったものだな
桂小太郎
銀時、あなた...
お前らも覚えているかコイツを
あなた

ああ

坂田銀時
ああ
                 「「ラーメンこぼして銀時/されてあなた捨てた」」





















やっと、、終わった、、紅桜篇、、

疲れたァ!!!!!

うがぁぁあああ!!
 
おんどりゃあああああ!!

腹すいたぁああああああ!

寝よ