無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

 5‪𓂃 𓈒𓏸◌‬




       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



黒 尾 鉄 朗
さて、今日からうちの部活に
マネ - ジャ - が誕生する。




クロが少しふざけながらそう言った。



私はクロの横に立ち、自己紹介をする。



孤 爪 あなた
マネ - ジャ - のあなたです、




特に他に言うこともないので、名前だけ言ってそのまま口を閉じた。



黒 尾 鉄 朗
他に言う事ねぇ - のか ? ((ボソッ
孤 爪 あなた
. . .面倒臭い、((ボソッ
黒 尾 鉄 朗
あ - あなたらしい理由だわ w 
黒 尾 鉄 朗
って事で、今日から俺らの仲間だ。
灰 羽 リ エ - フ
よろしく ッ ス !!




最初に手を差し出してきたのは、1番身長の高い人。



孤 爪 あなた
. . .よろしく、
灰 羽 リ エ - フ
俺、1年の 灰羽 リエーフ ニカッ




手を差し出すと、その手を強く握られた。



ってか、この人同じクラスだ . . .



福 永 招 平
俺、2年の 福永 招平 




次に自己紹介をしてくれた福永先輩は、握手を求める事なく、名前だけを言った。



だから私も軽く会釈をした。



黒 尾 鉄 朗
各自で自己紹介しとけよ ~ 
よし、練習始め ッ ぞ。
孤 爪 研 磨
. . . あなたは、人数分の飲み物を
準備してね、ゆっくりでいいから。
夜 久 衛 輔
( あの研磨が優しく教えてるよ. . .((感動 )
孤 爪 あなた
ん、分かった。じゃ - ゆっくり準備する ( (
黒 尾 鉄 朗
おい研磨ぁ。あなたの"ゆっくり"は
マズイんじゃねぇか ?




私がボトルの入ったカゴを持って水道へ向かおうと動き出すと、後ろでクロと研磨の話し声が僅かに聞こえた。



. . .まぁ、私は関係ないからどうでもいいか。( (



孤 爪 研 磨
え ? なんで ? 
黒 尾 鉄 朗
( ダメだ. . .研磨じゃ話になんねぇ )




      ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



孤 爪 あなた
. . .え - と、人数って何人居たっけか ? 
孤 爪 あなた
研磨、クロ. . .灰羽、福永先輩、海先輩. . .モヒカン君. . . ( (




1人1人の名前をあげながら指で数えていく。



5分ほどかかり、ようやく今日来ている人数を把握する事ができた。



孤 爪 あなた
. . . よし、じゃあ洗うか。




研磨にゆっくりでいいって言われたし。



そう思いながら私は1つ1つ丁寧に用意していった。



孤 爪 あなた
. . . ん、疲れた。




5つ洗い終わり、少し疲れたので休憩を挟む。



孤 爪 あなた
あ、先にこの5個持ってこ。




私は出来上がった5つをカゴに入れ、体育館へ運んだ。



黒 尾 鉄 朗
ほ - ら、やっぱりおせぇわ 笑




"お水出来ました"



そう言って体育館に持っていくと、クロはそう言いながら ニヤッ と笑った。



黒 尾 鉄 朗
しかも、5個しかねぇし。
孤 爪 あなた
ムスッ だって疲れるんだもん、この仕事。
山 本 猛 虎
(ぬぁ. . .!? ムスッ とした顔まで美しい. . .!! )
孤 爪 研 磨
あ - 、これは俺が悪かったね、
あなた、もう少し急いで用意してね。
孤 爪 あなた
. . .頑張る - 




. . . 研磨、さっき"ゆっくりでいい"って言ったじゃん。



夜 久 衛 輔
見事な棒読み 笑
ま、最初だし。"ゆっくり"慣れていけよ ?
黒 尾 鉄 朗
やっくん、あなたに"ゆっくり"って言葉は
使わない方がいいぞ ?
夜 久 衛 輔
あ、
灰 羽 リ エ - フ
あなた、次からはもう少し急ぎで頼む !!




すると、灰羽が明るい声でそう言ってくる。



孤 爪 あなた
んぇ . . . 急ぐの、1番嫌い. . . 。
黒 尾 鉄 朗
おじょ - サン ? マネ - ジャ - になったからには
そんな事は言ってられませんよ ? ?
孤 爪 あなた
頑張りま - す。




マネ - ジャ - の仕事、慣れるまでには時間がかかりそうです。



       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



 作 者 「リエーフのキャラが掴めない ( ( 」



 作 者 「急ですが、ファンマを変更しました ッ
        新しいファンマは " 🔮 🌙 " です、
              良かったら付けて ( ( 」



 作 者 「既読感覚で ♡ よろしくお願いします 👐 」



       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



          NEXT.