無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

 36𓂃 𓈒𓏸◌‬ 



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


木 兎 光 太 郎
 あ 、 ! あなただ ッッ 



相手コートからそんな声がしてゆっくりと振り向けば、



こっちに向かって手を振っている木兎先輩の姿 。



その隣には赤葦 クン も居た 。


黒 尾 鉄 朗
 木兎てめぇ ! あなたと話すな ! 
木 兎 光 太 郎
 え !? なんで !? 
孤 爪 あなた
 … うるっさい 



そんな大声出すくらいなら近くに言って話せばいいのに 。


黒 尾 鉄 朗
 あ 、 ごめん w 



「「 梟谷 ! 梟谷 ! ふっくろうだに   ふっくろうだに 」」



そんな事を思っていると、梟谷の応援が聞こえてきた 。



凄い人 … 流石梟谷だな 。


灰 羽 リ エ - フ
 い ー な ー 梟谷 … チアガ ー ル !! 
犬 岡 走
 人数多いのも羨ましいよな ~ あとラッパ ! 
孤 爪 あなた
 … 人数多すぎるのも嫌だ 。



「「 いけいけ音駒 ! 押せ押せ音駒 ! 」」



すると今度はすぐ上の観客席から音駒の応援 。



そこには灰羽のお姉ちゃんと山本先輩の妹も居た 。


夜 久 衛 輔
 相変わらず気合い入ってんな ー 山本の妹 ! 
山 本 猛 虎
 いつもすいません … 
夜 久 衛 輔
 あなたもあれくらい気合い入れろよ ~ ? 
孤 爪 あなた
 いや … 無理です 
夜 久 衛 輔
 即答か ~ w 
夜 久 衛 輔
 あ 、 リエーフの姉ちゃん ! やっぱり美人 
だな ッ ~



夜久先輩の視線を追って、私も灰羽のお姉ちゃんを見る 。



… わぁ、輝いて見える ( (


孤 爪 あなた
 本当だ … 美人 。私もあんな美人になりたい 



私がそう呟けば、音駒バレ ー 部は一斉に私を見た 。


黒 尾 鉄 朗
 おじょ ー サン はもう美人ですよ ?? 
孤 爪 研 磨
 そ ー だよ、これ以上美人になったら困る 
福 永 招 平
 十分美人 👍 
芝 山 優 生
 灰羽 クン のお姉ちゃんとは別の感じの美人 ! 
夜 久 衛 輔
 だな ッ 
山 本 猛 虎
 あなたは可愛いぞ ッ ~ !! 
孤 爪 あなた
 ちょっと … 



私を見るなり、皆が一斉に口を開くから 。



私は戸惑ってしまった 。



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



── ピ ィ ー



公式ウォームアップ終了の笛がなった 。



皆は猫又監督の元に集まる。


黒 尾 鉄 朗
 ── 烏野が、あのウシワカぶっ倒して全国 
行くって言うんだ 。負けてらんねぇぞ
音 駒 バ レ - 部
 オァッス !! 
孤 爪 あなた
 ( ( コ ク ッ 



そっか、烏野は全国大会出場か …



私達も負けてられないなぁ … 。私がクロの言葉に強く頷いた 。



クロは視線を木兎先輩に向ける 。



木兎先輩はノせたら手がつけられないくらい強いらしいし、皆警戒している 。

黒 尾 鉄 朗
 とにかく木兎 。木兎を調子に乗らせない 。
音 駒 バ レ - 部
 アッス ! 
監 督
 ── 何本でも拾ってやんな 。



猫又監督の言葉と同時に、クロ達はエンジンを組んだ 。



その中に、私も入る 。



 〝 俺たちは血液だ 滞りなく流れろ 〟



 〝 酸素を回せ 脳が正常に働く為に 。〟



このメンバーで、春高 … 行きたい 。


孤 爪 あなた
 … 頑張って 



コートに向かうみんなに、小さい声でそう言った 。



するとみんながこっちに振り向いた 。


音 駒 バ レ - 部
 !? … あなた !! 
夜 久 衛 輔
 頑張るからちゃんと見とけよ ! 
山 本 猛 虎
 ヘマは出来んな ッッ 
黒 尾 鉄 朗
 おじょ ー サン に応援されちゃ、頑張るしか 
ねぇな



口々にそう言うみんなに、私は少し微笑んだ 。



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



 作 者 「 既読感覚で ♡ よろしくお願いします 」



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



        NEXT ♡ × 25 ⤴︎