無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

 12𓂃 𓈒𓏸◌‬




       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



~ 2日後 ~



今日は烏野高校との練習試合の日だ。



黒 尾 鉄 朗
あなた、起きろ。朝だぞ ? 
孤 爪 あなた
. . . んぅ 




クロが私の体を揺すってくる。



いつもより早いんじゃない ? 起きるの。



重たい目を開けて時計を見れば、時刻は午前6時半。



. . . まだあと30分眠れるじゃん。



孤 爪 あなた
まだ眠い . . . 
黒 尾 鉄 朗
そんな事言ってる暇はねぇぞ ? 
おいコラ、研磨もだ ッ !
孤 爪 研 磨
あと30分 . . . 。
海 信 行
孤爪兄妹は朝が苦手みたいだ w
黒 尾 鉄 朗
しょ - がねぇ、あと30分だけな ッ 




クロ はそう言うと、他の部員を連れて部屋から出ていった。



きっと朝練でもするのだろう. . . 。



       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



黒 尾 鉄 朗
よし、じゃあ球技場の方に移動スっぞ、




午前8時半過ぎ。



クロ は荷物を持ってそう言った。



私はといえば . . . 今さっき起床したばかりだ。



孤 爪 あなた
ちょっと待って . . . あと少し。




他の部員に迷惑をかけるのはさすがにまずいと思い、私は準備を進めた。



. . . "急ぐ"という1番嫌いなことを今、頑張っている。



黒 尾 鉄 朗
30分だけって言ったろ ? 
なんで1時間以上も寝てんだよ w
孤 爪 あなた
. . . クロ が起こしてくれないから。
黒 尾 鉄 朗
研磨はちゃんと起きたぞ ? だからてっきりあなたも一緒に起きたのかと思ったが . . . 
孤 爪 研 磨
. . . あなた、ぐっすり眠ってたよ。
起こすの可哀想だったから。




そう言って私の寝顔の写メを クロ に見せる研磨。



孤 爪 あなた
それ、いつ撮った ? 
孤 爪 研 磨
あなたが寝てる時。
孤 爪 あなた
. . . 勝手に撮らないでよ。
孤 爪 研 磨
可愛いんだからしょうがないよ。
山 本 猛 虎
研磨 ! 俺にその写メくれ ッ 
孤 爪 研 磨
後で送ってあげるよ。
山 本 猛 虎
あなたの寝顔の写メ ッ ! 一生の宝だ ッ ! 
孤 爪 あなた
. . . 。




この " 写メ騒ぎ " を抑えるのはめんどくさかったから、私はあえてスル - する事にした。



黒 尾 鉄 朗
あなた、準備できたな ? 
孤 爪 あなた
. . . コ ク ッ 
黒 尾 鉄 朗
じゃあ、球技場に向かうぞ - 




クロ の声と共に、私達音駒高校バレ - 部は烏野総合運動公園・球技場へと歩き出した。



       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



 作 者 「 新作の方も ☆ & ♡ よろしくです 」



 作 者 「 新作見てくれたら私、発狂します ← 」



 作 者 「 既読感覚で ♡ よろしくお願いします 」



       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



          NEXT.