無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

 19𓂃 𓈒𓏸◌‬




       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



海 信 行
あ - … 鰤川さん ? マネは間に合ってるから
他当たってくれない ?
ブ リ カ ワ ブ リ ア
えぇ ~ ♡ 男バレのマネしたいですぅ ♡ 
あとぉ、" 鰤愛 " って呼んでくださいよぉ



… 。



正直、こんなのと数分も一緒に居たくないなぁ …



ブ リ カ ワ ブ リ ア
あ、研磨さぁん ♡




そう言って研磨に近づく 鰤川 。



すると研磨は …



孤 爪 研 磨
… 名前で呼ばないで。それと … 同じ空気なんて吸いたくないから近付かないで 。




と言った。



さすが研磨。意思疎通ってやつ … ? ←



孤 爪 研 磨
あなた、 クロ 、早く練習再開しようよ。
黒 尾 鉄 朗
( 研磨が練習を選ぶって事は、相当だな w )
孤 爪 あなた
はぁい … 。




私はドリンクを作る為に外に出た。



ブ リ カ ワ ブ リ ア
( あなたって子、気に入らないわ )




       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



── シ ャ カ シ ャ カ シ ャ カ …



1人で黙々と作業を進めていると、



そこに 鰤川 がやってきた。



やっぱりぶりっ子キャラは演じてたんだ ?



… 目付き違うし。関わりたくないなぁ … 。



ブ リ カ ワ ブ リ ア
あなた、バレ - 部のなんだか知らないけど。
マネ辞めてもらえる ?




これって、漫画とかでよく見るやつ ?



… 面倒臭い。誰か助けに来てくれないかなぁ ?



… 辞めてって言われたら私普通に辞めるよ ?



動くの嫌いだし 。



研磨達に止められると思うけどさ … 。



孤 爪 あなた
 … 。




よし、ここは無視を貫こう。



関わったところで、私に利益なんて無さそうだし ←



私はそのままドリンクを作り進めた。



ブ リ カ ワ ブ リ ア
ねぇ、聞いてるの ? 辞めてって言ってるの。
じゃないと私に注目してくれないでしょ ?
ブ リ カ ワ ブ リ ア
本当、あんたって目障り。




初対面で " 目障り " なんて初めて言われた … 。



随分変な人だな。



孤 爪 あなた
 … 別に、辞めてもいいよ。でも、研磨に止められると思う。
ブ リ カ ワ ブ リ ア
はぁ ? 何、媚び売ってるわけ ? キ モ ッ 
孤 爪 あなた
いや、違うよ … 私、研磨の妹だし。
… こ - ゆ - の面倒臭いから他でやってよ。
ブ リ カ ワ ブ リ ア
じゃあ、私があんたを虐めてあげる。
そしたら止められなくて済むんじゃない ?
孤 爪 あなた
虐めてみたら … ? 誰も君の事信じないよ 。すぐ自作自演だってバレると思うし … 。




そう言って私は木陰からこちらの様子を見ていた男子バレ - 部に声をかけた。



犬 岡 走
 … ! なんで分かったの !? 
孤 爪 あなた
… 犬岡うるさい 。足音で分かった。
犬 岡 走
ごめん ッ 
夜 久 衛 輔
さすが研磨の妹だな ! 笑




私たちの様子を見た 鰤川 は、その場から逃げるように去っていった。



山 本 猛 虎
それにしても … あなた、よく言い返すな ! 
俺もあなたにあんな事言われてぇ … !
孤 爪 あなた
… 絶対言いません。はい、ドリンク。
芝 山 優 生
向こうまで運ばないの ? 
孤 爪 あなた
疲れたから休ませて … 。
夜 久 衛 輔
本当、何事にもやる気ねぇよな w 




ぶりっ子の件は、解決でいいのかな … ?



重い足取りで体育館に戻れば、



研磨が急に抱きついてきた ( (



孤 爪 あなた
 … ど - したの 。
孤 爪 研 磨
鰤川 あいつ があなたの後ろ付いてくの見た 。
孤 爪 あなた
 無事 。
孤 爪 研 磨
 なら良かった。
灰 羽 リ エ - フ
鰤川、みんなが合宿行ってる最中にも 
来てました ッ
孤 爪 あなた
 へぇ … 私、合宿行って正解だったかも … 。
黒 尾 鉄 朗
だな w 



       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



 作 者 「 ぶりっ子系初挑戦だから大目に見て … 」



 作 者 「 既読感覚で ♡ よろしくお願いします 」



       ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



          NEXT.