無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

 42‪𓂃 𓈒𓏸◌‬



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



試合が再開 。



サーブは相手の方からで、ジャンプフローターというサーブだ 。



そのボールをクロが拾った 。体制を崩したものの、ボールは研磨の方へと上がった 。



研磨は灰羽へトスをあげ、灰羽がスパイクを決めた 。


孤 爪 あなた
 ( 灰羽 … 調子出てきた ? ) 



〝 あ゛あ゛ぁ゛… ! 〟と、相手を煽る(?)ように叫ぶ灰羽 。声がここまで届く 。



相変わらず声が大きいな 。と、私は一人で感心した 。



次のサーブは灰羽 。



灰羽のサーブを〝 チャンスボール 〟と言ってレシーブする戸美 。



やっぱり煽りのレベル高い … 戸美 。私も学んでみよ ( (


孤 爪 あなた
 ( … 夜久先輩が居ない事で、音駒に〝 穴 〟が 
出来たのは確か 。)



戸美の1番は灰羽に視線を向けながらスパイクを打ち込んだ 。



クロは1番の視線に気付いていたのだろう、そのスパイクをドシャットした 。


孤 爪 あなた
 ( だけど … 〝 穴 〟が出来た事で、相手に 
負けるほど弱くなったわけじゃない 。)
黒 尾 鉄 朗
 あのヘタクソを狙いたい気持ちは非常 ~ によく分かるけどね (  -∀-) 



今のドシャットのおかげで、音駒は戸美に追いついた 。



灰羽が興奮しているのがここからでも分かった 。



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



先にセットポイントを握ったのは戸美だった 。



芝山がリベロとしてコートに立つ 。



さっきみたいな焦りは見られず、落ち着いているようだった 。


孤 爪 あなた
 … いいじゃん、
夜 久 衛 輔
 お前、今日独り言多いよな 。
孤 爪 あなた
 … ! 
夜 久 衛 輔
 さっきから独り言ばっかり喋ってさ ? 
俺が居るんだから俺に話しかけろよ w
孤 爪 あなた
 次から … そうします 、 



独り言を夜久先輩に聞かれてたんだと思うと、少し恥ずかしくなった 。



夜久先輩から視線をずらし、コートを見る 。



私の目に映ったのは、戸美の1番のジャンプサーブを綺麗にレシーブした芝山の姿 。



そしてクロがスパイクを決め、デュースになった 。



── ド ド ッ



〝 いける … ! 〟と思ったが、次は戸美の12番にスパイクを決められ、戸美のセットポイントになってしまった 。


夜 久 衛 輔
 戸美の12番、本当に綺麗なフォームだな 、 
孤 爪 あなた
 … 私には、フォームとかよく分かんないです 
夜 久 衛 輔
 戸美の12番、どっちに打ってくるのか全然 
分かんねぇんだよ
孤 爪 あなた
 … 打ってくる方向分かんないならブロック 
大変じゃないですか ?
夜 久 衛 輔
 ブロックもだしリベロも 。
孤 爪 あなた
 … ふ ー ん 。



じゃあ灰羽があの12番止めるのは難しいのかな 。



なんて考えていると、



── ド ド オ ッ



と、灰羽が12番を止めたのが目に入った 。



そして今度は音駒のセットポイント 。


孤 爪 あなた
 … まぐれ 、 ? 
夜 久 衛 輔
 だろうな w 



その後もデュースの状態が続いた 。









そして ──



── ド コ ォ ッ



第1セット目はクロのバックアタックが華麗に決まり、音駒が取った 。



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



 作 者 「 上手く書けなくてごめんなさい 。」



 作 者 「 新作出したので、良かったら読んで下さい ! 」



 作 者 「 ☝🏻 これです ! 」



 作 者 「 既読感覚で ♡ よろしくお願いします 」



        ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



        NEXT ♡ × 25 ⤴︎