無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

じゅうなな
本当に、きた。




















るぅと
》るぅとです。今から収録です。あなたちゃんは何してますか??
あなた
…なんだこのLINE










収録って。


昨日クラブ行って次の日仕事?


すごいタフだなぁ。




















あなた
》水瀬です。収録頑張ってね。私は仕事休みなので家にいます
るぅと
》苗字水瀬って言うんだ、珍しいですね
あなた
》そうかな?
るぅと
》うん。収録頑張るね。外は寒いですよ〜…
あなた
》そっか、風邪ひかないように気をつけてね










なんともゆるいやりとり。


なんか本当にほわ~んと


マイペースな人なんだなぁ。


髪型もゆるいパーマで


ふわふわしてる感じだったし。




















るぅとくんとのLINEのやりとりは


それっきりで終わった。


既読付かないし、


きっと収録に入ったのかな。




















外は晴れてて


気持ちいい。


せっかくの休みなのに


家にいるのがもったいないくらい。




















あなた
んー!掃除でもしよ!










手を伸ばして、伸びをして


髪をまとめて


部屋の掃除を開始した。











最近全くしてなくて


散らかってたからね。


天気いいし、気持ちいいし、


窓全開で空気を入れ替えながら


掃除に没頭した。




















掃除始めちゃうと


アレもコレもと


手をつけちゃうタイプで。


気づけば夕方で、日が暮れてきた。




















あなた
ふぅ。やば、超綺麗じゃん




















自画自賛。



綺麗になった部屋見て


大満足。











コーヒー淹れて


一息ついて、ぼんやりテレビ見ながら


ゆっくり過ごしていたら




















るぅと
》休憩中です〜。もうすぐ収録終わるんですけど、夜ご飯一緒にどうですか?












るぅとくんからのまさかのお誘い。


昨日断ったのにまた誘ってくれてる。




















あなた
…どうしよう。いいのかな?…ん?2人で?莉犬くんも?










この文面じゃ分からないよ。


てゆうか、私、るぅとくんとご飯なんか


行っていいの?