第13話

じゅうさん
7,979
2019/12/17 13:26











土曜日の夜、約束通り


ユカと待ち合わせして


お目当のクラブへ。




















ユカ
さー飲んで、踊って楽しむぞー!











若干テンションが高いユカを余所に


今日、るぅとくんのお誘いを断ったことが


少し気掛かりだった。




















ユカ
ん?元気ないね?どうしたの、大丈夫?今日は楽しもうね!
あなた
あはは、うん











今頃莉犬くんとご飯食べてるのかな。











土曜の夜ってこともあり


クラブはかなり盛り上がっていた。


人混み掻き分けながら中へと入って行き


爆音の中ユカと乾杯しお酒を飲んだ。



















ユカ
カンパーイ!あ〜美味しいっ!やっぱ、いいね!外で飲むって、楽しい!
あなた
んー美味しい。最近、家ばっかで飲んでたの?
ユカ
うんうん。そうそう。地味に梅酒とかひとりで飲んでたよ
あなた
えーそうなの?だったら呼んでくれたらよかったのに
ユカ
あなたが来たら梅酒が全部なくなっちゃう
あなた
人を酒豪のように言わないでよ











クスクスと顔見合わせて笑い合って


爆音にお酒、たくさんの人という


非日常的な空間が


とても楽しかった。

























ユカ
さぁて、今日は楽しむぞ!ほら行こっ!










私の手を引っ張って


踊ってる人混みの中へと連れ出した。




















あなた
ちょっと、私無理、踊れない
ユカ
んー?聞こえない!










すでにほろ酔いのユカは


音楽に合わせ体を揺らし始め


手を上げてすでにノリノリ。




















可愛いユカのことだから


すぐに知らない男の人に声掛けられてて


あっという間に人混みの中に消えていった。




















あなた
一緒にいてって言ったのにぃ…










フロアから抜け出して


トイレに向かおうとしてたら




















???
ねぇ、まって










急に誰かに腕を掴まれた。



















プリ小説オーディオドラマ