無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第21話

男気
高橋海人
高橋海人
あ!平野先生!
平野紫耀
平野紫耀
はい!
高橋海人
高橋海人
ちょっと、あなたちゃんの家行ってくれません?
平野紫耀
平野紫耀
え、どうしてですか?
高橋海人
高橋海人
ここは、男を見せるチャンスですよ!
平野紫耀
平野紫耀
ま、原川ちゃんには俺が必要なんでね、
ちょっと行って来ます
高橋海人
高橋海人
かっこいいこと言うじゃん


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あなたの家
(なまえ)
あなた
ただいま……
あなたの母
あ、あなた、お金ないんだけど
(なまえ)
あなた
知らないよ、お母さんが使ったからでしょ……
あなたの母
前来た時はもっとあったの!
どこかに隠したんじゃないでしょうね!
(なまえ)
あなた
そんなこと、してないよ……
あなたの母
嘘つけ!!
さっさと金出せ!!
(なまえ)
あなた
出さない……
あなたの母
はぁ!? ボコッ
(なまえ)
あなた
痛っ
あなたの母
私に口答えしてんじゃねぇよ!!ドンッ
(なまえ)
あなた
痛っ………


ピンポーン

あなたの母
チッ 誰だよこんな時に


ガチャ

あなたの母
あんた誰?
平野紫耀
平野紫耀
僕は、あなたさんの担任の平野です
あなたの母
なんだ担任か
平野紫耀
平野紫耀
あ、原川ちゃん大丈夫?
(なまえ)
あなた
は、はい……大丈夫です………
あなたの母
何しに来たのよ!
平野紫耀
平野紫耀
僕は、あなたさんを守りに来ました
(なまえ)
あなた
先生………
平野紫耀
平野紫耀
もう、あなたさんには近づかないでくれますか?
あなたの母
はぁ?なんであんたの言うこと聞かなきゃいけないわけ?
平野紫耀
平野紫耀
殴るなら僕を殴ってください
(なまえ)
あなた
そんな……
平野紫耀
平野紫耀
言ったでしょ、俺は、原川ちゃんを守るって
あなたの母
あんた、あなたのこと好きなんだ
フッ、最低じゃん
平野紫耀
平野紫耀
確かに生徒を好きになった僕は最低かもしれません、
でも、少なくとも僕よりお母さんの方が最低ですよ
あなたの母
っ………
平野紫耀
平野紫耀
他の何を捨ててでも、
僕はあなたさんを守るって決めたんです
平野紫耀
平野紫耀
だからお願いします!
何でもするんで、
あなたさんには近づかないでください!
あなたの母
分かったわよ、
この子には近づかないから


ガチャ

平野紫耀
平野紫耀
はぁ………
(なまえ)
あなた
ありがとうございます……先生………
平野紫耀
平野紫耀
原川ちゃん熱あるし、
怪我してるし、俺ん家行こっか
(なまえ)
あなた
い、いいんですか?
平野紫耀
平野紫耀
うん、ここはお母さんが住むだろうし、ね?
(なまえ)
あなた
はい!
平野紫耀
平野紫耀
じゃあ、おんぶするから、
乗って
(なまえ)
あなた
はい////