無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

好き
(なまえ)
あなた
先生?
平野紫耀
平野紫耀
ん?
(なまえ)
あなた
先生はやっぱりかっこいいです
平野紫耀
平野紫耀
笑笑 大事な生徒を傷つける人は
俺が許さないからね
(なまえ)
あなた
私はただの生徒ですか?笑
平野紫耀
平野紫耀
まぁ、“うん”って言ったら嘘になるね
(なまえ)
あなた
それって、遠回しに告ってません?笑笑
平野紫耀
平野紫耀
////な、なんでだよ!笑
(なまえ)
あなた
でもさっき、私のこと好きになった
って言ってましたよね?笑笑
平野紫耀
平野紫耀
////は、はぁ?言ってないよ
(なまえ)
あなた
あれ?顔が真っ赤ですよ?笑笑
ツンツン
平野紫耀
平野紫耀
////そ、そんなことばっか言ってると、
ここにおいてくよ 笑
(なまえ)
あなた
私は別にいいですよ?笑笑
平野紫耀
平野紫耀
////それは………
やっぱダメ!
(なまえ)
あなた
笑笑 冗談ですよ
私は先生が世界で1番大好きです!
平野紫耀
平野紫耀
///笑笑 嬉しいこと言ってくれるじゃん
(なまえ)
あなた
え!先生が嬉しいなら何回でもいいますよ!笑
大好き 大好き 大……
平野紫耀
平野紫耀
//////もういい!分かった
(なまえ)
あなた
照れてる先生も大好き
平野紫耀
平野紫耀
(〃^ー^〃)