無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

第1話 私の秘密の悪魔くん
あなたは、この世界に存在する、人ならざるものについて知っていますか?
その種類は様々。
人間とは真反対の世界に住む、妖怪。
人間界のあらゆるものを操ることができる、神々。
神々とは真反対の空間で生活し、時に人間の前に姿を現す、悪魔。
見た目は、怪物そのもののようなものもいれば、人型のものも。
夜凪 薫【やなぎ かおる】
夜凪 薫【やなぎ かおる】
そのものたちは、いつ私達の前に姿を現すかわからないのです。
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
………へぇぇ!!妖怪に神様に悪魔っ!!すごーい✨
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
ありがとお姉ちゃん!!
夜凪 薫【やなぎ かおる】
夜凪 薫【やなぎ かおる】
かなうが喜ぶと思って。笑顔になってくれてよかったわ
夜凪 薫【やなぎ かおる】
夜凪 薫【やなぎ かおる】
また来るわねっ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
うんっ……!!またね!!
私は、高校1年生。
今年の春、私は重い癌にかかった。
それからというもの、私は病院に篭りっぱなし。
外を見れるのは、この窓からだけ。
看護師さん
看護師さん
夜凪さん、先生からお話があるから少し来れる?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
あ、はい、、、、
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
………今行きます
私は、救急車が嫌いだ
私が倒れた時、焦る人の声と、お母さんの涙とともに出るかすれた声が
今でも耳に残っているから。
病院だって嫌い。
生きてる心地がしないほど、つまらない。
平方先生
平方先生
……あぁ、叶ちゃん
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
せんせ、なんかあったんですか?
平方先生
平方先生
それがね、昨日精密検査を受けてもらっただろう
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
はい、点滴、痛かったです
平方先生
平方先生
やりきったこと、すごく偉かったね
平方先生
平方先生
それで…実は、わかったことが一つあるんだ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
なん、ですか?
平方先生
平方先生
…………叶ちゃんは
平方先生
平方先生
あと、3年しか生きられないんだ
.
.
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
えっ……………?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
寿命が3年、ってことですか?
平方先生
平方先生
そうなんだ
平方先生
平方先生
決して逃れることのできない死の未来が、叶ちゃんにはある
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
うそ、うそですよね
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
私、死ぬの………?
平方先生
平方先生
叶ちゃん……
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
……………私もう戻ります
私は診察室を飛び出して、早歩きで4階の自分の病室に戻った。
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
(なんで、なんで…こんな)
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
うぅ……うぁ…っ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
涙止まんないしっ……かっこわる…
私はすぐに、病室のベットの上で枕に顔を埋めた
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
もっと………もっと自由に
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
自由に生きたいっ……
私がそう口にしたその瞬間、窓からぶわっと強い風が吹いた。
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
っひゃ!?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
………その願い
悪魔君【???】
悪魔君【???】
オレが叶えてあげてあげるっ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
ふぇ!?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
いひひっ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
な、え!?窓から入ってき……
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
不審者ぁぁ!?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
ちがーう笑
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
じゃあなにっ、泥棒!?変態っ!?!?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
だから怪しむなって〜笑
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
え、な、なにものですか……
悪魔君【???】
悪魔君【???】
オレはねー………
悪魔君【???】
悪魔君【???】
……知りたいぃ?笑
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
だから聞いてんでしょーが!!!怒
悪魔君【???】
悪魔君【???】
あーはいはい
悪魔君【???】
悪魔君【???】
オレは悪魔。名前はない
悪魔君【???】
悪魔君【???】
キミの願い事叶えたげるって言ってんの〜
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
悪魔……?今日お姉ちゃんが言ってた、悪魔?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
自由に生きたいんでしょ?オレといれば、その願い叶えられるかもよ?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
ほんとにっ!?ここから出してくれるの……?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
あぁ、そうだよ。ただし……
悪魔君【???】
悪魔君【???】
オレと契約を結ぶなら、ね?ニヤッ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
契約?…でも、ここから出してくれるんなら
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
………わかった
悪魔君【???】
悪魔君【???】
よしっ、そうこなくっちゃ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
っわ!?
背中をぐっと引かれ、私はその悪魔にキスされた
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
ん、んん!!!
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
っは……ちょ、なにすんの!?///なんかすごい変な感じしたし……
悪魔君【???】
悪魔君【???】
契約完了☆
悪魔君【???】
悪魔君【???】
契約を結ぶと、悪魔と人間の命がつながる。一心同体、みたいな感じ?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
だけど、キミはあとちょっとで死んじゃいそうだから、オレの命を半分分けてあげたんだっ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
命を……半分……?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
だからキミは今、半分悪魔ってコト。
悪魔君【???】
悪魔君【???】
ちょっといろんなものが見えたり狙われたりするかもしんないけど〜…
悪魔君【???】
悪魔君【???】
オレがあげた命、無駄にしないように、オレから離れちゃダメだよぉ?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
わ、わかった……
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
(だからってあんな唐突にキスする!?!?////)
悪魔君【???】
悪魔君【???】
……あれっ
悪魔君【???】
悪魔君【???】
もしかして〜、ふぁーすときすっ?ニヤニヤ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
っな……!!///ばかっ!!!////
悪魔君【???】
悪魔君【???】
いひひっ、オレそういう照れた余裕ないカオ、好きだよ♡
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
〜〜〜〜っ///
コンコンッ
平方先生
平方先生
叶ちゃん、いる?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
っやば!先生きたし……
悪魔君【???】
悪魔君【???】
さーてと、しっかり掴まっててね?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
わぁ!?ちょ、え!?
その悪魔は、私をひょいっと抱き上げて病室の窓に足をかけた。
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
うそ…でしょ、まさか、飛び降りるとか言わないでよ…?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
へへっ、そのまさかですよ、お姫様☆
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
い、いやぁぁぁああぁ!!!
平方先生
平方先生
入るよ……って、あれ?
平方先生
平方先生
いない……?
.
.
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
っ………こ、
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
怖かったぁぁあ……
悪魔君【???】
悪魔君【???】
ほーらね?無傷じゃん
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
これから私どうすればいいわけ?家に帰ったら親に怪しまれるし
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
病院から抜け出したってバレたら……
悪魔君【???】
悪魔君【???】
お安い御用!まぁキミが病院にいないってなったら大騒ぎでしょうから?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
ちょーっとだけ、記憶をいじっちゃおう
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
どういうこと…?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
キミのこと知ってる人から、キミの記憶だけを抜く。
悪魔君【???】
悪魔君【???】
んで、この箱にしまっとくのさ。だから、
永遠にキミのこと忘れるわけではないから安心して?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
そんなことができるの?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
もちろん。契約を結んだ相手のお望みだ。叶えてあげないと、ねっ?
悪魔はパチンッと指を鳴らした。
すると、持っていた箱の蓋がパカッとひらいて、白い煙のようなものが
箱の中にすぅっとみるみる入ってきた。
悪魔君【???】
悪魔君【???】
これがキミの記憶。みーんな、キミのことを忘れてく
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
私のことを……忘れて…
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
(私のことを知ってる人は、この世に居なくなるんだ……)
悪魔君【???】
悪魔君【???】
………どした?今更寂しくなってきちゃった?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
え、いや、そんなこと……
悪魔は、私の頭をぽんぽんっと撫でて、ニヤッと笑った
悪魔君【???】
悪魔君【???】
だいじょーぶ、キミにはオレがいるじゃん
悪魔君【???】
悪魔君【???】
オレが、なにがあっても守ってあげるから、ね?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
う、うんっ……
背丈は身長の低い私より少し大きいくらいで、
制服のような違うような変わった服装をしている。
目は真っ赤に光っていて、一見可愛らしい見た目。
悪魔君【???】
悪魔君【???】
よーし、終わりっと
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
私、どこにいけばいいの…?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
んー、ひとまずっ、オレの住んでるところへおいでよ!
悪魔君【???】
悪魔君【???】
キミもきっと、満足してくれる
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
……ねぇ、さっきからキミって呼ぶのやめてくれない?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
なんか偉そうでむかつく
悪魔君【???】
悪魔君【???】
ストレートに言うね〜笑
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
私の名前は夜凪やなぎかなう、キミじゃないから
悪魔君【???】
悪魔君【???】
ふーん?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
いい名前してんじゃん、叶♡
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
ち、近い!!////
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
いちいち距離が近すぎ!!//
悪魔君【???】
悪魔君【???】
照れてる〜かわい笑
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
からかわないでっ!!///
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
………あ、私は、あなたのことなんて呼べばいいのっ?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
……………そうだね
悪魔君【???】
悪魔君【???】
そんなこと聞かれたの初めてだからなんとも言えないけど
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
そう、なの…………?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
悪魔としか呼びようないよ〜?
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
えぇ〜、……じゃあ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
悪魔くん、って、呼んでもいい?
悪魔君【???】
悪魔君【???】
………うん!いいよっ
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
じゃあ悪魔くんって呼ぶね!
悪魔君【???】
悪魔君【???】
…………そう、ありがとう、叶…。
夜凪 叶【やなぎ かなう】
夜凪 叶【やなぎ かなう】
う、うん?
こうして、もうすぐ死ぬはずの私は
誰にも秘密の、悪魔との第二の人生が始まりました