無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🍸
私は先輩と付き合ってからも、

クラスの1部の男子からはいじめられ続けていた

その度に、先輩が助けてくれる

前は「塩で怖い人」というイメージが強かったが、

今では「塩で見た目は怖いけど、優しい人」

というイメージにいつの間にかすり替わっていた

────
付き合って何年か経ったある日、

私と先輩は一緒に遊びに行った

帰り際、私はバスの中で眠ってしまった
You
You
先輩!
용진
용진
なんだ?
You
You
あそこの公園で遊びましょうよ!
용진
용진
ったく...しょうがねぇな😊

下車したすぐ近くの公園

そこで子供のように2人で遊んだ

その時、たまたま見た先輩の指輪

左手薬指に付いていた
You
You
先輩...
용진
용진
ん?
You
You
先輩は、その...結婚してるんですか?
용진
용진
は?
You
You
左手薬指の指輪が...あるから
용진
용진
あぁ、これか?

そう言って、何故か先輩は私の左腕を持ち上げた
용진
용진
これはお前との指輪
You
You
え、
용진
용진
俺と結婚してくれ、あなた
You
You
...はいッ!

こうして私達は晴れて結婚した