無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

❥❥❥

こんにちわっ
作者です。
これめちゃめいゃ短いです笑笑




✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。✰⋆。:゚・*☽

















緋山side
あ、これ面白いし使えそうかも、


緋山 美帆子
きーめた
これ買お





白石side


あ、これいいかも。
使えそう、
白石 恵
これ買おうかなぁ



レジ




緋山美帆子
あっ白石。
何買うの?
白石 恵
これ
緋山美帆子
笑笑笑笑
白石 恵
え、どうした?
緋山美帆子
いや、笑
緋山美帆子
白石ってそういう趣味だっけかなぁとか
白石 恵
あ、そう?
緋山美帆子
あと、これ。
白石 恵
なるほど
同じだ笑笑
白石 恵
まぁ、おそろいでいいんじゃない?笑
緋山美帆子
そうね笑

会計




緋山美帆子
買っちゃった
白石 恵
そうだね
緋山美帆子
このあとどーする?
白石 恵
うーん、うち帰ろうかな、
緋山美帆子
白石の家行ってもいい?
白石 恵
えっ、笑
緋山美帆子
どこから声出してんのよ笑笑
ダメだった?
白石 恵
いや、珍しいなって笑
緋山美帆子
このあと暇だったから
白石 恵
なるほどね
白石 恵
じゃ、行こっか







このあと結局夜中まで私の家で飲んだりしてたんだ笑笑
















✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。✰⋆。:゚・*☽:゚・⋆。✰⋆。:゚・*☽







作 者 で す 。



読 ん で く れ て あ り が と う ご ざ い ま す 🙇



だ い ぶ 自 分 が 思 っ た よ う に 書 け て



次 の お 話 は 何 に し よ う か な ぁ と 考 え 中 で す




テ ス ト 前 で す が




次 回 も お 楽 し み に ~








💬 と か 来 た ら 嬉 し い な っ

よ ろ し く ね ? 笑



あ 、 勿 論 ♡ も 。
色 付 け て っ て


🌟 ま だ の 人 は 🌟 も よ ろ し ゅ






で わ わ
ば い ち ゃ