無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

352
2021/09/07

第11話

🦅🦇
大我side
バイトが終わって家に着いた
大我
大我
ただいま…
北斗はもう寝ているだろうと思い,静かに中に入った
大我
大我
あ、ご飯買ってくるの忘れた
いつもは母さんが作っておいてくれていたご飯を食べていたけど,母さんいないんだった…
大我
大我
北斗は食べたのかな?
しょうがないから今日はもう諦めて寝ようと思った時,キッチンの台にお皿が置いてあるのが目に入った
見てみるとラップのかかった美味しそうなご飯があった
「レンジで温めて食べてね  北斗」
え?北斗が作ってくれた?
うそ…めっちゃ嬉しい
さっそく北斗が作ってくれたご飯を食べることにした
大我
大我
いただきます
パク
大我
大我
美味しい…
北斗のご飯はすっごく美味しくて,高校生が作ったとは思えないくらいだった
大我
大我
いつの間にこんなことできるようになったんだよw
大我
大我
明日お礼言わないとな
そしてあっという間に食べ終えてしまった
大我
大我
北斗、ごちそうさま