無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

465
2021/09/14

第24話

🦅🦇
北斗side
大我
大我
血は繋がってなくても、俺にとっては大事な弟なんです
大我の言ってくれた言葉が嬉しくて涙が溢れた
松村さんは大我の言葉を聞いて諦めたのか出て行った
北斗
北斗
グズッ…
ギュッ
北斗
北斗
え?
大我
大我
北斗、今まで黙ってて本当にごめん…
今から全部話す
熱のせいで力の入らない腕で抱きしめてくれた
大我
大我
北斗は、俺が3歳の時に家の前に捨てられてたんだ
大我
大我
あの時の俺には難しい話だったけど、弟ができたことが嬉しかった
大我
大我
でも、だんだん俺の気持ちが変わってきたんだ
北斗
北斗
どういうこと?
大我
大我
俺、北斗のこと好き
北斗
北斗
え、?
大我が俺を好き?
大我
大我
北斗は俺のこと兄弟だと思ってるからずっと言えなかった
今なら自分の気持ち,素直に言っていい気がする
俺は今まで言うことができなかった思いを大我に伝えることにした
北斗
北斗
俺も大我のこと好き