無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

523
2021/09/04

第6話

🦅🦇
北斗side
大我
大我
北斗、忘れ物ない?
北斗
北斗
ん、
大我
大我
行ってらっしゃい
北斗
北斗
…
ガチャ
北斗
北斗
ハァ…
もう嫌だよ…
大我は俺のこと心配で声掛けてくれるのに,
冷たい態度をとっている自分に腹が立つ
好きだと気づいた時から大我を避けるようになったけど,きっと大我悲しんでるよね…
だって大我,昔から俺のこと大好きだもん
いつも自分のことより俺のこと考えてくれて,ずっと俺のそばにいてくれた
もし,好きになった人が大我じゃなかったらどうなってたのかな?
大我が兄弟じゃなかったら?

そんなくだらないことばっかり考えてしまう…
北斗
北斗
でも、大我と兄弟じゃなかったら大我に出会えてないかもしれないんだもんな…
北斗
北斗
兄弟や男同士でも、恋愛が認められたらいいのに…
こんなこと妄想してるけど,本音は大我と兄弟じゃないなんて想像できないし,ずっと兄弟でいたい
もし,俺が告白して成功したとしても兄弟ということには変わりないんだから
一生俺らは兄弟だから