無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

303
2021/09/12

第20話

🦅🦇
北斗side
松村さん
17年前、大我さんの家の前に北斗さんを置いたのは私なんです
え?どういうこと?
.
.
.
大我
大我
北斗のことを捨てたのはあなたですよね?
俺を捨てた?
俺は捨てられたの?
もう2人の言っていることの意味が分からなかった
松村さん
では、今日はこれで
女が帰った後,俺は大我に声をかけてしまった
北斗
北斗
大我?
大我
大我
北斗!?なんで…?
北斗
北斗
ねぇ、今の話ちゃんと説明して
北斗
北斗
俺と大我は兄弟じゃないの?
あの人が俺の本当の親なの?
大我
大我
北斗?落ち着いて
そんなこと言われても色んな感情が込み上げてきて自分でも追いつかない
気づくと俺は涙を流していた
北斗
北斗
グズッ
大我
大我
ちゃんと話す
大我
大我
ちゃんと話すからもうちょっと待って
北斗
北斗
コクッ
俺は頷くことしかできなかった
家に帰ってからもなかなか眠れなかった
でも,それは大我も同じだったみたい
次の日大我は熱を出してしまった