無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

手紙3
45個目 及川くんの、写真のフォルダの私を全て消してください。
及川くんと書いてあったそこには修正テープの跡があった。
ただ、おれはお前の写真を絶対消さないよ。現像してあるものも全て。
彼女は自分を忘れるように背けるようなお願いごとばかりを50個目前で言ってきた。
私との写真を消せ、私のアドレスを消せ、私とのメールとかlime履歴を全て消せ、ナビの私の実家や前住んでたマンションの行き方を消せ、
俺は、この世にあなたがいた形跡を全て残しておくつもりだよ。
あなたの願い事を全て叶えるつもりだったんだけどね。
お前は自分を忘れなければ、幸せになれないとでも思っていたんだろうね。
その逆だよ。
あなたを忘れてないから、子供も、奥さんもいる。バレーをしている。仕事が上手くいってる。ウシワカとか飛雄とかとも仲良くなれた。ライバルなのにな。あなたのお節介は俺を光へと導いてくれたんだよ。
あなたを忘れてたらさ、多分ずっと暗いままだったからさ。
例え、ほかの願いを全て叶えたとしても。






死ぬまで絶対。お前の最後の願いは叶えないよ。

















50個目、私を忘れてください

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

🦖🦋
🦖🦋
ハイキューが大好きで、夢女子です🙌 名前がありません() ファンマ▷▶︎🦠🦕 文章力 国語力 語彙力 共にありません🙃 そんな私をよろしくお願いします⸜( ॑꒳ ॑ )⸝
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る