無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

GAME 1
私
痛っ
激しい頭痛で目が覚めた。


私はいつもの寝室動画違う所に寝ていた。


真ん中にスピーカーがあるだけの真っ白い部屋。


周りを見渡すと、クラスメイトが9人集まっていた。
私
ここは何処?......
私が戸惑っていると、仲のいい蘭が私の方へ走ってきてくれ
た。
蘭
彩希〜。大丈夫?私も目が覚めたらここにいたの。出口を探してみたけど本当に何もないのよ。
蘭と話していると真ん中に置いてあるスピーカーが話し出した。
goo
goo
皆さんおはようございます。私は皆さんの案内人を任されましたgooです。これから皆さんにはGAMEをしてもらいます。それも命を懸けたGAMEを…
海斗
海斗
おいGAMEってなんだよ!なんで俺達はここにいるんだよ。
海斗が言ったことを無視してgooが話し続けた。
goo
goo
してもらいます。GAME OVERになるか、ルール違反をした時は死んでもらいます。
梨奈
梨奈
…私死ぬ…
花音
花音
私が死ぬ訳ないじゃない!
gooは皆がザワザワしているのを気にせず説明を続けた。
goo
goo
そして、今から皆さんには1つ目のGAMEをして頂きます。
gooがそう言うと上から暗号機が降ってきた。
goo
goo
皆さんで力を合わせてください。この暗号機が解除できれば次のステージへ行ける扉が現れます。頭を使えば分かりますよ?それでは1つ目のGAMEを楽しんでください。
華
えっ…
優
おいっ早く暗号機を解除するぞ。早くしないとずっと出れないぜ。
優が言うと皆が暗号機の前へ集まった。



暗号機は4桁の数字を入力して解除するタイプだった。


4桁の数字…何も思い浮かばなかった。
拓
あっ、皆何日生まれ?それを足すんじゃないかな?
拓が何かひらめいたみたいで皆が拓に誕生日を教えだした。
梨奈
梨奈
私は6月23日です。
花音
花音
私も一緒で6月23日!
優
僕は2月2日。
華
私は5月26日だよ。
海斗
海斗
俺、8月9日でこいつは9月8日。
海斗が大和の分も言うと、
大和
大和
チッ!うっせーな。なんでお前が俺の誕生日知ってんだよ!
大和がキレだした。


みんなで喧嘩にならないかヒヤヒヤしていた。


周りの空気が一気に悪くなった。


気まずかったから私が誕生日を言った。
私
つ、次私!私は4月16日だよ。
涼
俺、4月15日な。
蘭
私、2月8日だよ。
わたしが言うと、凉と蘭があとに続いて言ってくれた。
拓
これで全員か、俺は5月29日だから…
拓
23+23+2+26+9+8+16+15+8+29…
拓
159…ごめんやっぱ違うかった…
拓が頭を下げた時、首の後ろに数字が書いてあった。
私
あ、まってみんなの首の後ろに書いてある数字を足せばいけるかも…
蘭
数字?
涼
そんなのあったんだ。いつの間に書かれてたんだろ…
海斗
海斗
じゃあとりあえず見せ合いしようぜ。
みんなでみんなの数字を見あった。
拓
みんなの数字足すと…8181っか
大和
大和
俺が打つよ。
大和が暗号機に8181っと打つと…
ガシャーンっとすごい音が部屋中に響き渡った。


後ろを振り向くとそこには2つの扉があった。
goo
goo
おめでとうございます!1つ目のGAMEクリアです!扉が2つありますよね。右は生ユコユント ラユエクク道、左が死レエクク道でシクオクレコ。これも暗号ですね。歴史が得意な人ならすぐ分かるかと…。
goo
goo
今日は疲れたと思うのでお休みください。明日の15時までにはどちらの扉へ行くかを決めといてください。それではまた明日。
私達は言われたように寝ることにした。