第53話

ごじゅう. 櫻井翔
6,097
2020/04/04 08:00
_櫻井side

久しぶりのoff。
せっかくの休み、満喫しようとしてたのに…


櫻「ふぇっ、ふぇっ……はっくしゅんっ!!」


最悪だ。風邪引いたかな、


櫻「やべ、さみぃ…」


いくら朝方は冷えるからと言ったって
今はもうお花見ピッタリの季節。
そんなに寒くないはずなのn…


櫻「くしゅっ、…はっくしゅっん!!!」


いや駄目だこれ、完璧アウトでしょ。
花粉症ではないのよ。


櫻「目痒くないしなぁ…」


ひとまず上着を羽織って、
ゆっくり朝食を摂ることにした。


:
:


朝ごはんも食べて、寒気を感じながらゴロゴロ
していた。テレビ見たりして。
そしたら徐々に悪化したんだろうね…


櫻「はっくしゅん、…くしゅっ、
っくしゅん…!あ゛ぁぁぁ〜〜…」


寒さは増すわ、くしゃみは止まんないわ、最悪だね。
おまけに鼻声っぽい。スリーコンボおめでとう自分。


櫻「さすがにしんどい〜〜〜…」


何も出来ず毛布を持ち寄ってソファにごろん。
どうしよーか、どうすればいいかな〜…?

止まらない身震いに気持ち悪さを感じる。
このままじゃやばいかなぁ〜、

だんだん頭も回らない。
そしてすぐ結構やばいことに気付いた。


櫻「はぁ……………はぁ……………
はぁ………はぁ……」


どんどん呼吸が早くなる感じ。ほんとにやべぇ…!

俺は無意識にスマホを手にしていた。
虚ろな目でスマホを見ながら震える右手で操作する。
電話帳を開き1番上にいる相葉さんをタップ。


“ プルルル… ”


相『あっ、もしもーし、翔ちゃん?おはよう☆』

櫻「…はぁ…はぁ……っ、あいら(相葉)くん……」

相『え…っ、えっ!?しょ、翔ちゃん!?
翔ちゃんどうしたの!?』

櫻「しんろい(しんどい)……はぁ、はぁ、
…きれ(来て)ぇ……」

相『翔ちゃん…!!ねぇ大丈夫!?
すぐ行く!!!ちょっとだけ待てる!??』

櫻「…うん……はぁ…はぁ、」

相『通話のままにしとくよ!?電話切らないで!』

櫻「…はぁ、はぁ……っ、…はぁ、」


あぁぁ…相葉くん早く来てぇ〜…