無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

far away5
第一種目:50m走

「6秒12!」

(案外速かったな)

50m走、普通に走るだけ。
正直これは個性も何も無い気がする。うん。


第二種目:握力

『…ふんっ…!………お』

握力計は、65kgを示していた。

…おお、「個性を使っていないにしては」かなりいいんじゃないか?


第三種目:立ち幅跳び

「2m38!」


第四種目:反復横飛び

「63回!」

いや、ほんとに個性使う場面ないな…

このままじゃ、〝平均以上だけど平凡な記録〟で終わってしまう。

どうしたらいいんだ…

ぐるぐると頭を悩ませる。


第五種目:ボール投げ

どうしようどうしようどうしたらいいんだと考えているこの間にも、自分の番が近づいている。


オレの個性は使えない。


攻略も何もねぇ、だって料理と裁縫と掃除しかできないんだから。

それが今、なんの役に立つ?



〝最下位は除籍処分〟



除籍、という言葉が容赦なくのしかかる。


せっかく合格したのに。
憧れに近づいたのに。
ヒーローに、なれるのに。



(あぁ、こんな個性じゃなければな)