無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

3代目の楽屋
アツシ
アツシ
よー
TAKAHIRO
TAKAHIRO
アツシ
登ちやん
登ちやん
じゅんボイストレーニング行くぞ
じゅん
じゅん
うん
登ちやん
登ちやん
    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
じゅん
じゅん
    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
岩ちやん
岩ちやん
NAOTO
NAOTO
NAOTO
岩ちやん
岩ちやん
話しがある
NAOTO
NAOTO
うん
自販機
岩ちやん
岩ちやん
じゅんエロいね〜
NAOTO
NAOTO
え〜
岩ちやん
岩ちやん
コレ見るハイ
NAOTO
NAOTO
エーじゅんに何したん
岩ちやん
岩ちやん
じゅんがさ昨日俺に抱いて欲しいてゆうからさ抱いてあげた
NAOTO
NAOTO
じゅんはそんな事云わない
岩ちやん
岩ちやん
今日もじゅん抱く
NAOTO
NAOTO
ふざけんな
岩ちやん
岩ちやん
ふざけてないよ
NAOTO
NAOTO
オイ
3代目の楽屋
TAKAHIRO
TAKAHIRO
岩ちやんさ
登ちやん
登ちやん
オウ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
NAOTOに何の話しかな〜
登ちやん
登ちやん
サーあ~な
壱馬
壱馬
まさか昨日の事
TAKAHIRO
TAKAHIRO
昨日岩ちやんがじゅんにキスしたて
壱馬
壱馬
うん