無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

岩ちやん
岩ちやん
岩ちやん
じゅん
じゅん
じゅん
うぅ
岩ちやん
岩ちやん
襲うよいいよね
じゅん
じゅん
イヤだ
岩ちやん
岩ちやん
駄目じゅんチュチュチュチュチュ
じゅん
じゅん
ンンンンンン
岩ちやん
岩ちやん
感じてるね〜
じゅん
じゅん
違う
岩ちやん
岩ちやん
🈁はどうかな
じゅん
じゅん
ンンンンンンンンンンンン
岩ちやん
岩ちやん
エロ
じゅん
じゅん
ンンンンンンンンンンンン
岩ちやん
岩ちやん
ペロペロペロペロペロペロペロペロ
じゅん
じゅん
ンンンンンンンンンンンン辞めて
岩ちやん
岩ちやん
ペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロペロ
じゅん
じゅん
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンン
岩ちやん
岩ちやん
これからも楽しみダね〜
じゅん
じゅん
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンンイヤ
岩ちやん
岩ちやん
コレNAOTOに見せたらどう反応するかな
じゅん
じゅん
辞めて
岩ちやん
岩ちやん
毎日エロイ声聞かせて
じゅん
じゅん
ンンンンンンンンンンンンンンンンンンうぅ
岩ちやん
岩ちやん
断るならNAOTOに見せるからね〜
じゅん
じゅん
うぅ
NAOTO家
NAOTO
NAOTO
じゅんお帰り
じゅん
じゅん
お兄ちゃんただいま
NAOTO
NAOTO
どうしたの
じゅん
じゅん
何でもない
NAOTO
NAOTO
そう。ご飯食べるよね
じゅん
じゅん
うん
NAOTO
NAOTO
(´~`)モグモグ
じゅん
じゅん
(´~`)モグモグ
3代目の楽屋
隼
じゅん遅いね
登ちやん
登ちやん
もう来ると思うよ
Hilo
Hilo
(*゚ー゚)vオハヨ
隼
Hilo(*゚ー゚)vオハヨ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
Hilo(*゚ー゚)vオハヨ
Hilo
Hilo
で何故TAKAHIRO、隼が居るのかな
TAKAHIRO
TAKAHIRO
Hilo
Hilo
オイTAKAHIRO、じゅん、NAOTOまだ来てないのか
岩ちやん
岩ちやん
来てないね〜
NAOTO、じゅん おはよう
Hilo
Hilo
NAOTO、じゅん遅いぞ
NAOTO
NAOTO
サーセン
岩ちやん
岩ちやん
じゅんちよと自販機行こう
じゅん
じゅん
うん
TAKAHIRO
TAKAHIRO
NAOTO昨日じゅんの様子どうだつた
NAOTO
NAOTO
それが昨日元気なかつた
登ちやん
登ちやん
マジ
NAOTO
NAOTO
うん。何か考えてる用な気がして
TAKAHIRO
TAKAHIRO
聞いたの
NAOTO
NAOTO
聞いたけど何でもないて
自販機
岩ちやん
岩ちやん
じゅん(*゚ー゚)vオハヨチュチュ
じゅん
じゅん
(*゚ー゚)vオハヨチュチュ
岩ちやん
岩ちやん
エロいね〜今日も襲うよ。指定する権利ないから
じゅん
じゅん
うぅ
岩ちやん
岩ちやん
じゅん返事は
じゅん
じゅん
うん
壱馬 アレじゅん、岩ちやんだ
壱馬 何故キスしてるのかな
岩ちやん
岩ちやん
じゅんチュチュチュチュチュチュ
じゅん
じゅん
ンンンンンンンンンンンンンンンンンン
岩ちやん
岩ちやん
エロい声ダね〜下もトロトロトロダね〜
じゅん
じゅん
辞めてンンンンンンンンンンンン
岩ちやん
岩ちやん
仕事の後ね〜楽屋戻ろう
じゅん
じゅん
うん
3代目の楽屋
TAKAHIRO
TAKAHIRO
壱馬どうしたん
壱馬
壱馬
岩ちやんて彼女居るの
登ちやん
登ちやん
イヤ居ないけど
壱馬
壱馬
岩ちやん、じゅんがキスしてたから
NAOTO
NAOTO
エーエーエーエーエー
TAKAHIRO
TAKAHIRO
見間違いジヤないの
壱馬
壱馬
見間違いジヤないよ
じゅん
じゅん
ただいま
岩ちやん
岩ちやん
ただいま
Hilo
Hilo
じゅん
岩ちやん
岩ちやん
俺じゅんと付き合う事にした
NAOTO
NAOTO
じゅんそうなの
じゅん
じゅん
うぅうん
Hilo
Hilo
そうか
屋上
じゅん
じゅん
ハアー
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅん
じゅん
じゅん
TAKAHIRO
登ちやん
登ちやん
じゅん脅されたのか
じゅん
じゅん
うぅ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
やっぱりな
じゅん
じゅん
(泣)
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅん
登ちやん
登ちやん
襲われたのか
じゅん
じゅん
うぅ(泣)
登ちやん
登ちやん
盗られたのか
じゅん
じゅん
うぅ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅんヨシヨシヨシヨシヨシヨシ