無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第106話

NAOTO
NAOTO
ハアーじゅんと会わなき良かったのかな
九龍 後ろからNAOTOを刺すグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサ
NAOTO
NAOTO
うぅお前誰だ!
九龍 死ねグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサグサ
NAOTO
NAOTO
うぅじゅん
ボイス室
じゅん
じゅん
お兄ちゃん
登ちやん
登ちやん
じゅんどうした
じゅん
じゅん
お兄ちゃん    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
登ちやん
登ちやん
オイじゅん待つて    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
EXILEの楽屋
広臣 EXILEの楽屋の🚪バーン
アツシ
アツシ
オイ広臣🚪壊すな
登ちやん
登ちやん
じゅんが急にボイスの途中でNAOTOの名前呼んで飛び出した
アツシ
アツシ
ハーアー
TAKAHIRO
TAKAHIRO
アツシ探しに行く    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
アツシ
アツシ
TAKAHIRO    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
登ちやん
登ちやん
    ∧ ∧
   (   =)
   ┏(о )┛
    θーJ シュタタタ…
   ≡≡≡
  ≡≡≡
道 
じゅん
じゅん
お兄ちゃんトコトコお兄ちゃん
NAOTO
NAOTO
NAOTO じゅんの声がする。じゅん駄目なお兄ちゃんでm(_ _)mなじゅん……………………………………
じゅん
じゅん
あ〜お兄ちゃんしっかりして救急車呼んだからお兄ちゃん(泣)
病院
じゅん
じゅん
お兄ちゃん(泣)じゅんの前から居なくならないで(泣)お兄ちゃん
EXILEフアミリー じゅん
登ちやん
登ちやん
じゅん
じゅん
じゅん
広臣(泣)お兄ちゃんが(泣)
登ちやん
登ちやん
じゅん何があつたの
じゅん
じゅん
ボイスしてたらお兄ちゃんの声聞こえてそれでお兄ちゃん探してたらお兄ちゃんが血だらけなつて(泣)倒れてた(泣)
登ちやん
登ちやん
じゅん大丈夫だよ。NAOTOは死なないよ
じゅん
じゅん
だって(泣)
看護婦 アの家族の方いますか
TAKAHIRO
TAKAHIRO
ハイ
看護婦 先生の話しがあります中にはいて下さい
TAKAHIRO
TAKAHIRO
ハイ
登ちやん
登ちやん
じゅん大丈夫か
じゅん
じゅん
お兄ちゃん(泣)お兄ちゃん(泣)
Hilo
Hilo
俺が入るよ。広臣はじゅんの傍に居てくれ
登ちやん
登ちやん
おう
アツシ
アツシ
じゅん大丈夫だよ。じゅんが元気なかつたらNAOTOも元気なくなるぞ
じゅん
じゅん
お兄ちゃんと再会して嬉しいかった。(泣)なのにじゅんはお兄ちゃんに反抗してばかりで(泣)
アツシ
アツシ
それは兄弟だからだよ。
Hilo
Hilo
NAOTOは一命とりとめたけど意識が回復するか分からないそうだ
じゅん
じゅん
お兄ちゃん(泣)
病室 
じゅん
じゅん
お兄ちゃん(泣)
NAOTO
NAOTO
…………………………………………………………………………
じゅん
じゅん
お兄ちゃん(泣)お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん
登ちやん
登ちやん
NAOTO
岩ちやん
岩ちやん
NAOTO
隼
じゅん
じゅん
じゅん
隼ギュギュギュギュ😢😢😢😢😢😢😢
隼
じゅん大丈夫だよ。NAOTOはきっと意識回復するよ
じゅん
じゅん
(泣)
TAKAHIRO
TAKAHIRO
交代でNAOTOの様子見よ
登ちやん
登ちやん
そうだな
Hilo
Hilo
じゅんは今日帰って寝ろ
じゅん
じゅん
お兄ちゃんの傍に居たい(泣)
Hilo
Hilo
じゅん駄目だ
じゅん
じゅん
どうして(泣)
Hilo
Hilo
帰って寝ろコレは社長命令だ
アツシ
アツシ
俺とTAKAHIROでNAOTOの傍にいます
Hilo
Hilo
そうしてくれ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
ハイ。
岩ちやん
岩ちやん
明日は俺とじゅんで様子見ます
Hilo
Hilo
おう。
登ちやん
登ちやん
じゅん今日は俺の所に来い
じゅん
じゅん
お兄ちゃん(泣)
Hilo
Hilo
アツシ、TAKAHIROに任せて俺達は帰るぞ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
じゅん大丈夫だよ。
じゅん
じゅん
NAOTO兄(泣)
広臣の🏡
登ちやん
登ちやん
上がれ
壱馬
壱馬
広臣飯オムライスでいいかな
登ちやん
登ちやん
おう
亜嵐
亜嵐
壱馬何で居るの
壱馬
壱馬
広臣から聞いて
玲於
玲於
じゅん大丈夫か
じゅん
じゅん
玲於(泣)
玲於
玲於
ヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシ
じゅん
じゅん
お兄ちゃん(泣)が(泣)
玲於
玲於
ヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシ泣きたい時は泣け
じゅん
じゅん
玲於 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー' 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'
隼
じゅんヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシ
壱馬
壱馬
飯オムライス出来た
登ちやん
登ちやん
お前ら飯食え
壱馬
壱馬
じゅんもオムライス食べな
じゅん
じゅん
タベタクない(泣)
隼
じゅん少しでも食べよう
じゅん
じゅん
(泣)
玲於
玲於
じゅん
じゅん
じゅん
  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_)(泣)  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'  ∧_∧
ŧ‹"(//)¯н¯(//)ŧ‹"ŧ‹"
 ( つ🍩O
 と_)_) 。・。∧_∧。・。
。゚  ( ゚´Д`)  ゚。
   o( U U
    'ー'ー'
岩ちやん
岩ちやん
じゅんヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシヨシ
壱馬
壱馬
NAOTO誰に刺されたのかな刺したヤツ許さねー
登ちやん
登ちやん
おう
病院の病室
アツシ
アツシ
TAKAHIRO何考えてるんだ
TAKAHIRO
TAKAHIRO
NAOTO刺したヤツ誰だろうて考えてた
アツシ
アツシ
誰だろうな
TAKAHIRO
TAKAHIRO
うん