小説更新時間: 2024/04/07 10:46

連載中

絶望の底のセカイで、わたし/オレ/私たちは歌うことを止めない

絶望の底のセカイで、わたし/オレ/私たちは歌うことを止めない
  • ホラー
  • こんな筈じゃなかった

──わたしは、もう必要ないのかな……。
──みんなの足を、わたしが引っ張るぐらいなら……!
──私、もう相棒として隣に立つなんてできない……!
──全部……オレが悪いって言うのか……?
──どう足掻いても、私は見つからないんだ……。

『待ってたよ、堕落したみんな。
──ようこそ、奈落のセカイへ。』



時系列は進級前です。
原作とは一切関係ありません。
当方、未読イベントストーリーが多くありますので、キャラ崩壊等ご理解ください。
このような系統の小説が苦手な方はブラウザバックを強く推奨します。

チャプター

全3話
6,068文字

この小説を読んだ方は、こちらの小説も読んでいます

が好きなあなたにおすすめの小説

いつまでも覚えてる、君が奏でたさよならのメロディを

プリ小説オーディオドラマ

公式作品

もっと見る

公式TikTokの注目動画

もっと見る