無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

\(^o^)/
ちょこさん
ちょこさん
やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい
白百合
白百合
うるさいぞ
すぅ
すぅ
耳痛くなる
ちょこさん
ちょこさん
いやいや、こんなことあって黙れる人いる?
白百合
白百合
とにかく話せ。内容分からんかったらなんでうるさいのかわかんない。
すぅ
すぅ
そうだそうだ〜
ちょこさん
ちょこさん
いやね、こんなことがあったんですよ
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
ちょこさん
ちょこさん
寒い、、、
(手かじかんで痺れて\(^o^)/状態)↑↑↑
白百合
白百合
(僕の好きな人役)
俺のパーカー取って
ちょこさん
ちょこさん
はいよ
白百合
白百合
それ使っていいから、、、
✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
ちょこさん
ちょこさん
はいもう死んだ
すぅ
すぅ
そんじゃ燃やそっか☆
白百合
白百合
いやいや燃やしちゃダメだよ!!
ちょこさん
ちょこさん
白百合、、、(´;ω;`)
なんていい子なんだ、、、
白百合
白百合
サンドバッグの方が面白い
ちょこさん
ちょこさん
、、、は?
すぅ
すぅ
サンドイッチ〜!!
白百合
白百合
とまあこんな冗談は置いといて
ちょこさん
ちょこさん
うん
白百合
白百合
よかったじゃん
ちょこさん
ちょこさん
本当死にかけだった
すぅ
すぅ
その優しさに甘えすぎないでね、、、?
ちょこさん
ちょこさん
アッハイ