無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

🗝
あの後会社へ向かって、お昼休憩






コンビニへ向かう。







スンチョル
スンチョル
おにぎりでいいか。



おにぎりと野菜ジュースを買い、
会社に戻る途中。





なぜかずっとあなたさんのことを考えていた。








そしてまた、ずっと会社でパソコンとにらめっこ。

そして今日遅くまで仕事をした。
スンチョル
スンチョル
帰るか。








電車に乗り、家に帰る。







そして、家のドアに手をかけた時
スンチョル
スンチョル
あ。
ミンハオ
ミンハオ
あ。






旦那さんだ。






ミンハオ
ミンハオ
初めまして、シュウ・ミンハオです、
妻がお世話になってます。
スンチョル
スンチョル
どうも、チェ・スンチョルです、
これからよろしくお願いします。







ニコッと微笑んだ笑顔は、少し疲れが見えた。







スンチョル
スンチョル
…仕事、お互い頑張りましょうね?ㅋ
ミンハオ
ミンハオ
あはは、そうですね。ㅋ
ミンハオ
ミンハオ
じゃあ、おやすみなさい
スンチョル
スンチョル
おやすみなさい。










初めて話せた…意外といい人かもしれない。
あの人があなたさんと…














羨ましい。___________













これ見たら肝臓からマーガレット咲きました
ありがとうございます。