無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🗝
スンチョル
スンチョル
ただいま…
みんな寝てるかなって思ったから、
少しそーっとドアを開ける。
ウジ
ウジ
おかえりなさいヒョン。
ホシ
ホシ
おかえりなさい!
ジス
ジス
おかえり〜
ウォヌ
ウォヌ
おかえりなさい。
ミンギュ
ミンギュ
ヒョンおかえりっ!!
ジョンハン
ジョンハン
おかえり。さっき外からちょっと笑い声聞こえたけど、あなたさんとまた
会ったの?
スンチョル
スンチョル
いや、旦那さんと…
ミンギュ
ミンギュ
え!旦那さんどんな人でしたか!?
ホシ
ホシ
名前は?
ジス
ジス
歳は??
みんな質問攻めしてくる。


なんだ、全然寝てなかったじゃん。
スンチョル
スンチョル
ミンハオさんっていうんだってさ。
優しそうな人だったけど歳は
どうだろ…
ウジ
ウジ
97年生まれですよ。
ホシ
ホシ
え?
ウジ
ウジ
この前あなたさんと話した時
言ってた。旦那は私の一個上で
向こうの会社の社長だって。
ミンギュ
ミンギュ
ヒョン、情報入手はやい……
ウォヌ
ウォヌ
てことはあなたさんは98年生まれか。
ジス
ジス
やっぱり社長だったんだね…











みんな飽きないなあ。











ジョンハン
ジョンハン
てかもう遅いんだし寝よ。
ホシ
ホシ
そうですね
スンチョル
スンチョル
…そうだな。









ちょっとだけジョンハンに助けてもらった様な
気がした。____