無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

🗝









それから夜まで続いた。














You
You
も、休憩させてッ、///
ミンハオ
ミンハオ
だめ、させない…ッ










繋がり続けて約8時間。













疲れ果てて意識を飛ばしてしまった。


















目覚めると朝になっていて、ふっと横を見てみた。


















だけど旦那はいなかった。
















ホテルのテーブルには置き手紙があった。























【おはよう、体調平気?仕事に行ってきます。】

























この優しさが大好きだ。
















You
You
よし、帰って掃除しないと…






そう呟いてホテルを出た。