無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

🗝






今日もいつも通り夜まで仕事をする。


























そろそろ首が痛くなった時が俺のやめ頃。
















スンチョル
スンチョル
よし、コンビニで酒でも買って帰ろ。























もちろんみんなの分も。



















そしてお酒に手を取る。



























その時、嗅ぎなれた匂いがした。




























好奇心で後ろを向いてみると










You
You
あ、スンチョルさん
今夜は飲むの?ㅋ
























家事で疲れてるはずなのにパッと明るく笑う彼女。


















スンチョル
スンチョル
うん、みんなでちょっとね。
あなたちゃんは?
You
You
私は少しデザートを買いに、
旦那と食べようかなって…









照れながらニコニコしてる。












あれから会計を済まして





他愛のない話をしながら帰り道を一緒に歩いた。


































こんにちは、THE17です。

お気に入り100ありがとうございます。

胸が張り裂けそうです。

はいみんなでせーの

【知らねぇよ】