無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🗝
You
You
っえ、あ…
ミンハオ
ミンハオ
…やっぱり子供5人欲しいかも。





















そう言ってふっと微笑む。













ミンハオ
ミンハオ
…頑張れる?
You
You
うん、ッ!
ミンハオ
ミンハオ
じゃあシャワー浴びてくるから











その言葉に頷いた。














ミンハオがシャワーを終えたら
私が入る。



















…いよいよだ。













ミンハオ
ミンハオ
あなた…






唇を大胆に絡ませながら
足も絡ませる。















ミンハオ
ミンハオ
ッダメだ…もういれるから。











理性が切れたのかもういれるらしい。
























そしてゴムをつけていない彼のモノが
侵入する。
































すごく熱い。
You
You
はぁ、ッ






























静かな部屋に卑猥な音が響く。
ミンハオ
ミンハオ
愛してる、ッ
You
You
あぁっ、んはぁッ、♡
ミンハオ
ミンハオ
はぁ、出る…ッ
ミンハオ
ミンハオ
出すよ、あなた
You
You
うっ、ん、出してッ、////


















私達は朝まで愛し合った。_________