無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

🗝
You
You
いてて…







腰を痛めながらも家事を済ませる。












You
You
そう言えば卵きれてた…








思いついた時に行動しないと直ぐに忘れてしまう













そう思って近くのコンビニへ行く。
















You
You
ついでにコーヒーも買おうかな。






















コーヒーを片手に帰り道を歩く。

























しばらく歩いていると、赤ちゃんをベビーカー
に乗せて歩く夫婦がいた。














生後何ヶ月だろう、お母さんのお腹は膨らんでいたからもう1人生まれるのかな。
















You
You
赤ちゃん…かわいいな…





















気付くと歩くスピードが落ちていて、










早歩きで家へ帰った。


















卵を冷蔵庫にしまってソファに座る。




You
You
…ちょっと寝ようかな。











睡魔に身を任せて





ソファでしばらく眠りについた。