無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

🗝
今日はみんな会社が休み。






だからのびのびと過ごしていた。










ミンギュ
ミンギュ
ヒョン〜お昼ご飯何にしますか?
スンチョル
スンチョル
うーん、作るって言っても
材料無いからな。
ウジ
ウジ
買いに行きますか。
ジョンハン
ジョンハン
みんなで行くか
ジス
ジス
久しぶりかもね〜笑












そして出かける準備をして、
ドアを開け出発。



















だけど
You
You
あ、こんにちは
お出かけですか?



花壇の花のお世話をしていたあなたさんがいた。
スンチョル
スンチョル
あぁ、ちょっとお昼の買い出しに。ㅋ
You
You
そうなんですか、
良ければうちで食べていってください
全然皆さんと話したことないし…





予想外だった。
You
You
あ、でも、せっかく皆さん休日ですもんねっ、ごめんなさいでしゃばって…
ホシ
ホシ
いやいや、あなたさんの料理食べたいです!



ホシがニコニコしながら言う。




ミンギュ
ミンギュ
料理手伝いますっ!
You
You
ほんとですか、ありがとうございますㅋ





そしてみんなで昼食を食べることに。




ミンギュ
ミンギュ
わあ、あなたさん切るの早い!
職人さんみたい!
You
You
ありがとうございます!ㅋ
みんなで料理をしているあなたさんを
眺める。




エプロンをして、髪を結んでいる。









ホシ
ホシ
そういえば旦那さんは??
You
You
あ、仕事行ってます〜
ジス
ジス
忙しいんだ〜…
You
You
まあ、そこそこですねㅋ












その話をされた時、ふっと昨日の夜の出来事がまた脳内再生される。_______________