無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

🗝
You
You
高校の時、結構家から遠い所に学校があって結構危険そうな道とかもあってね

まさかのその予想が当たってて
突然変なおじさんに目付けられて

変なお店に入れられようとされた時に
ちょうどミンハオが見つけてくれて…
You
You
あのあと友達になって
卒業の時に付き合えたんだっけ。ㅋ
ホシ
ホシ
うわあ、大変だったね…
You
You
でもね、ミンハオ武術得意だったから
すごくかっこよかったよ!
目に輝かせながら語るあなたちゃん。
ミンギュ
ミンギュ
そこに僕いたらあなたちゃんと結婚
してたのかな〜
You
You
あはは、そうかもㅋ
ウォヌ
ウォヌ
…子供は作らないの?

なんとも意味深な質問をするウォヌ。
ジス
ジス
あ、それ僕も気になる
You
You
ええ。気になる?ㅋ
ミンギュ
ミンギュ
うんうん!
ジョンハン
ジョンハン
旦那さんとは…ねえ?




みんなニヤニヤしてる。




You
You
ミンハオは子供3人欲しい
らしいですよ?ㅋ
ホシ
ホシ
うわぁー!
ジス
ジス
大胆だな〜
ウジ
ウジ
…頑張れ。//




でも…


スンチョル
スンチョル
あなたちゃんは何人欲しいの?
You
You
わたし?
You
You
私はミンハオとの子供なら
何人でも頑張るよ。ㅋ
 

嬉しそうに頬を赤くする。


ミンギュ
ミンギュ
赤ちゃん抱っこしたいなあ〜
You
You
でもみなさん彼女とかいないんですか?
かっこいいのにな〜。‪



不思議そうに俺らを見つめる。



ホシ
ホシ
じゃあ僕はあなたちゃんと付き合う〜
ミンギュ
ミンギュ
ヒョンずるい!
ジョンハン
ジョンハン
いやせめて俺だろ。
You
You
ちょっと、不倫みたいじゃん。ㅋ









みんな笑ってる。












ジス
ジス
ていうか、ずっと思ってたけど
ここの家ほんと広いね
You
You
ミンハオが設計したんですㅋ
ホシ
ホシ
いい旦那さんだね〜
You
You
ほんと助かりっぱなしで…
ジス
ジス
でも僕らもお隣さんとか初めてでさ、
すごく嬉しかったよ
You
You
私もいいお隣さんで安心するㅋ





みんな和やかに会話をしていた。






スンチョル
スンチョル
じゃあ、俺ら長居しすぎたから
そろそろ帰るか
ウジ
ウジ
お邪魔しました
ジョンハン
ジョンハン
次は俺らの家きてね?ㅎ
ホシ
ホシ
じゃあね!
ウォヌ
ウォヌ
また来るわ
ミンギュ
ミンギュ
お幸せにね!
ジス
ジス
ごちそうさまでした〜
You
You
またいつでも!







そして短い1時間が終わった。