無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

523
2021/08/21

第3話

一瞬…
坂田side
浦田 渉
浦田 渉
ポー////
月崎 志麻
月崎 志麻
どしたうらたくん、もう酔っちゃった?
浦田 渉
浦田 渉
フルフル
黄百合 センラ
黄百合 センラ
じゃあイッキ飲みしてみましょうか!
坂田 明
坂田 明
お!いいねぇほら!
ビールジョッキになみなみと注がれた酒。それをうらたに渡してイッキ飲みを強勢する。
浦田 渉
浦田 渉
…グビグビグビグビ!
坂田 明
坂田 明
おー!いい飲みっぷりじゃん!
浦田 渉
浦田 渉
フラフラ…
月崎 志麻
月崎 志麻
大丈夫そ?
黄百合 センラ
黄百合 センラ
寝てもええでー?
浦田 渉
浦田 渉
カクッ…カクッ…コテン
坂田 明
坂田 明
…さ、みーんな。こっからが本番だよ。
さぁうらたくん、楽しいこと、しようや。
最初にでてきた家(以後家)
浦田 渉
浦田 渉
パチッ
坂田 明
坂田 明
おはよ。うらさん。
浦田 渉
浦田 渉
キョロ…キョロ…
月崎 志麻
月崎 志麻
ここはね、今日からお前が暮らすとこ。
浦田 渉
浦田 渉
!?
彼の大きな目がいっそう大きくなる。
黄百合 センラ
黄百合 センラ
さ、まずは…ね?
センラがうらたの服を掴み顔を平手打ちする。
浦田 渉
浦田 渉
ッ…
初めて彼が表情を変えた。苦しげな顔。
センラは構わずうらたを殴り続ける。
坂田 明
坂田 明
ゾクゾクゾク
こんなに美しい、殴られ顔があるか?
坂田 明
坂田 明
(ゾクゾクするね。)
月崎 志麻
月崎 志麻
うらたってさ〜、ここの経験あんの?
志麻くんがセンラをどかしうらたのをズボンの上から触る。
浦田 渉
浦田 渉
ビクッ
月崎 志麻
月崎 志麻
やっぱないかぁ。じゃあ教えたげるよ。
志麻くんの指がうらたの中に入る。
浦田 渉
浦田 渉
ん…あ…
うらたが志麻くんに抱きついて服を掴む。
顔は、相変わらず美しく歪んでた。
月崎 志麻
月崎 志麻
お前、ほんとに処女?めっちゃ柔らかいんだけど。
浦田 渉
浦田 渉
は…あぁ…
うらたがビクッと肩を震わせる。
月崎 志麻
月崎 志麻
あれ、イッた?
浦田 渉
浦田 渉
ハァ…ハァ…
月崎 志麻
月崎 志麻
まだまだ序の口よ?
志麻くんがうらたの下を脱がして足を抱える。
浦田 渉
浦田 渉
ッ…
月崎 志麻
月崎 志麻
センラカメラいい?
黄百合 センラ
黄百合 センラ
OK〜
月崎 志麻
月崎 志麻
坂田ローション。
坂田 明
坂田 明
ほい
月崎 志麻
月崎 志麻
さ、うらた。始めようか。
志麻くんがうらたの穴にローションを垂らす。
ゴムをつけた自分のにもローションを垂らしうらたの中に入る。
浦田 渉
浦田 渉
あッ…あぁッ…////
月崎 志麻
月崎 志麻
ッ、凄…一発で入ったッW
志麻くんがそっと腰を動かす。
浦田 渉
浦田 渉
ひゃ…あッ…
パンパンと肌と肌がぶつかる音が響く。
月崎 志麻
月崎 志麻
ほらうらたッ…どこ見てんだよッ!
浦田 渉
浦田 渉
んあッ…////
パンパンパンパン
うらたの顔が段々快楽に満ちた顔になる。
浦田 渉
浦田 渉
は…あぁッ…はぁッ…////
月崎 志麻
月崎 志麻
イキそう?なぁうらた?
浦田 渉
浦田 渉
コクコクコク
月崎 志麻
月崎 志麻
センラバッチリ撮っとけよ!
黄百合 センラ
黄百合 センラ
おまかせあれ〜。
志麻くんの腰の動きが速くなる。
坂田 明
坂田 明
(…ほぉ)
浦田 渉
浦田 渉
ふぁッ…あッ////んぅッ////
うらたから白い液が出る。
月崎 志麻
月崎 志麻
うし。
浦田 渉
浦田 渉
ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…
月崎 志麻
月崎 志麻
何休んでんの?俺まだイッてねーから。
志麻くんがうらたを起こして自分のをうらたの口に突っ込む。
浦田 渉
浦田 渉
ん゛ッ…
月崎 志麻
月崎 志麻
ほら。手と舌使ってしっかりやれや。
浦田 渉
浦田 渉
んッ…
うらたが丁寧に志麻くんのを扱う。
月崎 志麻
月崎 志麻
んッ…上手いな。
志麻くんがうらたの頭を撫でる。
浦田 渉
浦田 渉
チラッ
うらたが志麻くんを上目遣いで見る。
月崎 志麻
月崎 志麻
何?
浦田 渉
浦田 渉
フルフル
少し首を振ってまたフェラを続ける。
月崎 志麻
月崎 志麻
イきそ…////口離せッ…
浦田 渉
浦田 渉
口を離さず扱うのを辞めないうらた。
月崎 志麻
月崎 志麻
ちょ、おいッ…
月崎 志麻
月崎 志麻
出るッ…
ビュルッ
浦田 渉
浦田 渉
んぐッ…
うらたの喉を志麻くんの精液が通っていく。
浦田 渉
浦田 渉
ペロッ
口の端についた精液を色気MAXに舐めとる。
浦田 渉
浦田 渉
ッはぁ…はぁ…
やはり苦しかったか、涙が瞳から零れた。
俺は彼の顔を両手で挟み涙を拭った。
浦田 渉
浦田 渉
少し驚いた顔をするうらた。
涙を拭った手を上から触れるうらた。目を閉じて俺の手に顔を預ける。
少々…時が止まった感じがした。

ずっと彼に触れていたい。誰にも渡したくない。









だが、彼と目が合ったと同時に全てが元通りになった。
坂田 明
坂田 明
あっ…
月崎 志麻
月崎 志麻
大丈夫かー?坂田。
黄百合 センラ
黄百合 センラ
変なやつW
坂田 明
坂田 明
なんでもないなんでもないW
あ、センラ。うらさんのこと縛っといて。上手いでしょ?
黄百合 センラ
黄百合 センラ
まね〜
なんだろう…一瞬、彼に…