無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

#7 撮影中に…
赤坂さん
ちょっとまって、音芽ちゃんちょっといい?
音芽
音芽
おはよう
優羽
優羽
おはよう。
あなた

おはようございまーすっ!

赤坂さん
おはよう、今日も撮影頑張りましょ!
音芽
音芽
はい
音芽
音芽
なんですか?
人気ひとけのないところへ
赤坂さん
あなたちゃんのこといじめてるみたいじゃない
音芽
音芽
そんなことしてません
赤坂さん
でも、私優羽ちゃんに言ってるの聞いちゃったの
音芽
音芽
あ、あれは…
赤坂さん
なに?
音芽
音芽
あいつが調子乗ってるから懲らしめようとしただけです
赤坂さん
それがいけないの
音芽
音芽
これからはしません
赤坂さん
あなたさ、最年長なのよ?
最年長のあなたが最年少でしかも最近入所してくれた子にそんなことしてて恥ずかしいとかないの?
音芽
音芽
別に、なんとも思いませんが
赤坂さん
はぁ…
あなたたちのいる所へ戻る
優羽
優羽
音芽、何話してきたの
音芽
音芽
な、なんでもないよ…
赤坂さん
なんでもないじゃないでしょ?
音芽
音芽
なんで赤坂さんが優羽と私の会話に入ってくるんですか
赤坂さん
そんなの当たり前でしょ?
あなたちゃんに対して何かしようとしてないか確認するため
音芽
音芽
そんなんしなくたって、もうしないって言ったじゃない
赤坂さん
まあいいや、撮影するよー!
あなた

はーい!

赤坂さん
今日はクールで美しい感じのポージングしてね
あなた

わかりました

(色んなポージングを見せるが、少し違う)
赤坂さん
んー、あなたちゃんそれはこんな感じでできる?
あなた

赤坂さん
あなたちゃん?!
優羽ちゃん救急車呼んで!
優羽
優羽
はい!
りこぴん
りこぴん
はーい!
次回は『病名宣告』