無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

#4 モデル撮影
優羽
優羽
お願いします。
赤坂さん
はーい!
(服にあったポージングをどんどん魅せる)
赤坂さん
優羽ちゃん、やるじゃない!
優羽
優羽
あ、ありがとうございます。
赤坂さん
名城さん呼んできて貰える?
優羽
優羽
分かりました。
優羽
優羽
名城さん、赤坂さん呼んでる
音芽
音芽
わかったわ、ありがとう
赤坂さん
名城さん、なぜ呼ばれたかわかる?
音芽
音芽
いや…
赤坂さん
は?ふざけるのもいい加減にしなさいよ!(優羽にもあなたにも聞こえてる)
音芽
音芽
そんな怒鳴らないでくださいよ
赤坂さん
あなたいつもいつもそうなのよ!!
新人が来たらいつも焦って見当違いのポージングしたりなんなの?!
音芽
音芽
いや…それは…
赤坂さん
いつもそうやって誤魔化して…
どういうつもり?
音芽
音芽
私だって頑張ってるんです!!
焦るのは新人ごときに抜かされたくないからですけど
赤坂さん
は?その言い方なんなの?
音芽
音芽
本当のこと言っただけですが何か?
赤坂さん
マジで音芽よりあなたちゃんや優羽ちゃんの方が使えるわ
音芽
音芽
それ普通本人の前で言います?
赤坂さん
当たり前じゃない。あなたはモデルとしての自覚が無さすぎる。
なんなら、レギュラーモデルに降格させてもいいくらいよ?
音芽
音芽
それは嫌です
赤坂さん
自業自得でしょ?
嫌です じゃないよ。
音芽ちゃんは音芽ちゃんなりに頑張ってるのは知ってる。でも努力がまだまだ足りないんじゃないんですか?
音芽
音芽
努力の仕方が分からない
赤坂さん
だったら相談してくれれば良かったのよ
あなた

音芽ちゃん、新人ごときに言われたくないだろうけど…
もっと頑張らないと抜かしちゃうよ?

音芽
音芽
(こいつうざ、明日から嫌がらせしてやる)
りこぴん
りこぴん
はーい!終わりです!!
だんだん平和からかけ離れて来ちゃいましたね…

次回あなたはどうなるのか?!