無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9:過去
ヤバい…完全にしくじった…
相澤 あなた (ブサイクの時)
い、いつも、たまに来るんですよ!
お姉ちゃんが!
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
…そうなんですか(¬、¬)
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
う、うんうん!
そう!
犬島 莉犬
犬島 莉犬
じゃあ、瑠姫
相澤さんのお姉さんの名前言って?
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
あ…えっと…いや…その…
…あ…終わった…これ…

そう思うと、お知らせのようなチャイムがなり、その3人が呼び出された
青猿 ころん
青猿 ころん
…この話はまた今度ね〜
相澤 あなた (ブサイクの時)
は、はい…分かりました…
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
行きましょ!
莉犬、ころちゃん!
犬島 莉犬
犬島 莉犬
行こ〜
そう言って、3人は食堂を出ていった
そして、私達は安心したのか、自然と一息ついた
相澤 あなた (ブサイクの時)
(。´-д-)ハァ-
良かった〜…
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
いや、あなたも悪いと思うよ?
嘘ついたんなら、私に言って?
相澤 あなた (ブサイクの時)
は〜い…
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
それで…さ…あなたって、なんでブサイクにしてるの?
相澤 あなた (ブサイクの時)
あれ、言ってなかったっけ?
「うん、聞いてない」と言うと、「なになに?」と言うように、瑠姫が顔を近づけてきた
相澤 あなた (ブサイクの時)
えっとね…
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
お兄ちゃん (雷斗)
お兄ちゃん (雷斗)
うぅっ…ぐっ…
お母さん (涙)
お母さん (涙)
ウザイ!キモイ!
相澤 あなた
お、お兄ちゃん…
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
だ、大丈夫!?
お兄ちゃん (雷斗)
お兄ちゃん (雷斗)
ははw…大丈夫だ( *´꒳`*)
だから、そんな顔するな( *´꒳`*)
私にはお兄ちゃんがいた
お父さんが亡くなり、お母さんがおかしくなってしまい、お兄ちゃんに暴力を振るうことが多かった
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
うん…
【2年後】
お兄ちゃん (雷斗)
お兄ちゃん (雷斗)
…もう、ダメだ
相澤 あなた
…え?
お兄ちゃん (雷斗)
お兄ちゃん (雷斗)
母さんをもう…止められない…
もしかしたら、母さん…お前達にも手を出すかもしれない…だから!
逃げろ、今すぐ!
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
な、なんで…?
お兄ちゃんは…?
お兄ちゃん (雷斗)
お兄ちゃん (雷斗)
速く…逃げるんだ…!
この先に俺の友達が迎えに来てくれてるから…速く!
相澤 あなた
そ、そんな…
私がそう言うと、「ごめんな」と言って、私達を家から追い出した

そして、お兄ちゃんの友達らしき人が、今の家をくれた
お兄ちゃんの友達
大丈夫、雷斗は…必ず戻ってくるよ…(´;ω;`)
相澤 あなた
…うん、
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
そうだよね( *´꒳`*)
戻ってくるもんね( *´꒳`*)
お兄ちゃんの友達
あぁ…
だけど、これだけ言っとくね
お兄ちゃんは、君達を助けてくれたんだよ
相澤 あなた
助けた…?
この時の私は幼稚だった為、分からなかったが、すぐに分かることとなった

そして、お兄ちゃんはまだ帰ってきてはいなかった
お兄ちゃんのお友達さんは、「お兄ちゃんが私達を裏切る」という勘違いを、しそうだったからそう言ったのだろう
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
相澤 あなた
そんな感じで、お母さんが私と唯華を見つけないように、顔を変えてるんだ〜…
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
…意外と大変だね…あなたって…
相澤 あなた
大変なこと…瑠姫には無いの?
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
瑠姫はたちまち顔を真っ青にし、口元を押さえたが、しばらくして、元の顔色に戻り、「なんでもないよ〜」と言って、笑った
相澤 あなた
…なんかあったら、言ってね?
私達…友達なんだから!
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
うん…ありがとう!
[続く]