無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5:自殺
相澤 あなた(マネージャーの姿)
疲れたぁぁぁ〜…_(+Д+_`)
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
お姉ちゃん、お疲れ様w
私はあの後、無事天月くんの撮影が終わり、家に帰った
そしてメイクを落とし、リビングのソファへと寝転んだ
いつもそうだが、お金を稼ぐというのはやっぱり大変だ

…って、もう20時半!?
相澤 あなた(マネージャーの姿)
あ、ごめん!唯華!
今から夕飯作るね!
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
あ〜、それなら大丈夫だよ( *´꒳`*)
ピザ頼んどいたから、早く食べよ!
相澤 あなた(マネージャーの姿)
さっすが、私の妹!
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
(´>∀<`)ゝ))エヘヘ
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
まだ届いてないし、部屋でゆっくりしていきなよ( *´꒳`*)
相澤 あなた(マネージャーの姿)
うん、ありがとう( *´꒳`*)
私は、唯華にそう言うと自分の部屋に行き、ベランダに出た
空はもう、星が輝くほどに美しい藍色だった
[ころんくん視点]
青島 ころん (僕)
(o´Д`)=зフゥ…お腹いっぱい…
尾恋寺 ジェル
尾恋寺 ジェル
焼肉美味しかったな〜(๑ ᴖ ᴑ ᴖ ๑)
僕達は、撮影の後すとぷりの3rdフルアルバムの「Strawberry Prince」が発売された為、お祝いとして焼肉を食べに行っていた
村上 ななもり。
村上 ななもり。
みんな、明日速いしさっさと家に帰って寝よ!
犬島 莉犬
犬島 莉犬
は〜い!
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
了解です!
みんなそう言い、歩くスピードが早足になって行った
すると、さとみくんが「あ!」と言い、僕に近づいてきた
桃原 さとみ
桃原 さとみ
あ、そうだ!
ころん!
青島 ころん (僕)
ん?
桃原 さとみ
桃原 さとみ
ころんの好みの女の子見たよ、俺!
青島 ころん (僕)
え!?誰々!?
桃原 さとみ
桃原 さとみ
天ちゃんのマネージャーさん…確か、飯澤さんだったような…めっちゃ可愛かった!
青島 ころん (僕)
へ〜!
今度会ってみよ〜
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
え…飯澤さん?
僕達がそんな話をしていると、るぅとくんが、「え…?」と言いながら首を突っ込んできた
青島 ころん (僕)
え!るぅとくん知ってんの!?
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
…あ、人違いでした…!
相澤さんって人と間違えてましたw
桃原 さとみ
桃原 さとみ
アイツまじでブスだよな〜
青島 ころん (僕)
それなw
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
ころちゃん、隣の席なんですよね?
桃原 さとみ
桃原 さとみ
あ、そうだそうだw
青島 ころん (僕)
本当にキモイw
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
そう言えば、この近くに相澤さんの家があるらしいですよ( *´꒳`*)
へ〜…相澤さん家が…

え、待って!?
なんでるぅとくん知ってんの!?
青島 ころん (僕)
え…るぅとくんのなんで知ってんの!?
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
聞いた事あるだけですよ!
全く…
桃原 さとみ
桃原 さとみ
ここじゃね?
さとみくんが指さした所を見ると、「相澤」と書かれた表札が合った

意外と立派な家に住んでるんだな〜
尾恋寺 ジェル
尾恋寺 ジェル
ま、待って!?
自殺しようとしてる人おらへん!?
すると、ジェルくんが相澤さん家のベランダを指し、そう言った
青島 ころん (僕)
もしかして…相澤さんかな…!?
犬島 莉犬
犬島 莉犬
え!?嘘!?
村上 ななもり。
村上 ななもり。
止めないと!!!
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
相澤さん!!!
相澤 (なまえ)
相澤 あなた
…え?
青島 ころん (僕)
え…
…相澤…さん…?
[続く]