無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3:マネージャー
相澤 あなた (ブサイクの時)
(。´-д-)ハァ-
やっと学校終わったぁ〜…
相澤 あなた (ブサイクの時)
…もう、メイク取っちゃっていいよね( *´꒳`*)
相澤 あなた (ブサイクの時)
よいしょっと…
作者
作者
↑これがあなたさんのイラストです!
可愛いですね〜
相澤 唯華(メイクの姿)
相澤 唯華(メイクの姿)
お姉ちゃん、ただいま〜!!!
相澤 あなた
おぉw
唯華、おかえり( *´꒳`*)
相澤 あなた
って、唯華…
またメイクをいい加減にしたでしょ!?
相澤 唯華(メイクの姿)
相澤 唯華(メイクの姿)
だって、あんまりブサイクだと私…嫌だもん
相澤 あなた
(。´-д-)ハァ-
まぁいいよ…それ以上は可愛くしないでよ…?
相澤 唯華(メイクの姿)
相澤 唯華(メイクの姿)
は〜い!
唯華は私の妹で、唯華も裏側の姿を見せている

唯華は、すっごい可愛いんだよな〜…
メイクしてるのもったいないくらい…
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
メイク落としちゃったけど良かった?
相澤 あなた
うん、OK(*´꒳`*)b
相澤 あなた
あ…そうだ、今日バイトだ…
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
メイク落としちゃダメだったじゃん!
相澤 あなた
いや、違うメイクするから大丈夫!
速く準備しよっと!
そう、私は唯華と2人暮しをしていて、やっぱりお金は必要だった
その為、天月くんという歌い手のマネージャーをしていた
相澤 あなた(マネージャーの姿)
おけ!
それじゃあ行ってくる!
相澤 唯華(本当の姿)
相澤 唯華(本当の姿)
行ってらっしゃい( *´꒳`*)
[天月くん視点]
星空 天月
まだかな〜あなたちゃん( ˘•ω•˘ )
俺は、マネージャーのあなたちゃんを〇〇駅で待っていた

今日も学校とは違う姿、本来の姿ではない姿で来るのかな…?
なんでいつも、本当の姿を学校で隠してるんだろ…
相澤 (なまえ) (マネージャー姿)
相澤 あなた (マネージャー姿)
お待たせしました!
星空 天月
あ、来た来た!
星空 天月
今日はレコーディング?
相澤 (なまえ) (マネージャー姿)
相澤 あなた (マネージャー姿)
えーっと…借りてる部屋で質問コーナーです!
星空 天月
フム(( ˘ω ˘ *))フム
んじゃあ…行こっか(´˘`*)
相澤 (なまえ) (マネージャー姿)
相澤 あなた (マネージャー姿)
は〜い!
俺は、あなたちゃんについて行き、その借りてる部屋に行った

…今日も可愛いな〜(´˘`*)
[あなたさん視点]
相澤 あなた(マネージャーの姿)
ここです!
まずはメイクからしますので、ここから入ってすぐの控え室に行ってください( *´꒳`*)
星空 天月
星空 天月
は〜い!!!
そう言って、天月くんは中に入り、控え室へと向かった

私は、えーっと…セットの確認かな?
頑張ろっと!
相澤 あなた(マネージャーの姿)
スタッフさん!
天月くんのスタジオはどこですか?
スタッフさん
あ〜えっと…あそこです!
相澤 あなた(マネージャーの姿)
はい、ありがとうございます( *´꒳`*)
私はスタッフさんが指さした方向へ、歩いて行った

…あれ、どこ!?
相澤 あなた(マネージャーの姿)
え…っと?
どこにある…?
『すとぷり様』

『After the Rain様』

『天月様』
相澤 あなた(マネージャーの姿)
あ、ここだ!
って、ころんさん達いるの…?
まふまふさんも、そらるさんも…?
バレたら大変な事になりそうだな…
そう思いながら、スタジオへと入って行った
[続く]