無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7:「意外と…?」
【昼休み】←雑?…知らんし(は?)
犬島 莉犬
犬島 莉犬
相澤さ〜ん!
相澤 あなた (ブサイクの時)
あ…あの人は…
すとぷりメンバーの中でも、しっかりしてる人だよね…?
犬島 莉犬
犬島 莉犬
ここのX=2ってのが分かんないんだけど…分かる?
相澤 あなた (ブサイクの時)
え…ここを普通に、√を使ってやる感じのやつ…だと思う
待って、何故私に聞く!?
他にも天才な人いるでしょ!?
犬島 莉犬
犬島 莉犬
((φ(・Д´・ *)ホォホォ
おぉ!できた!
相澤 あなた (ブサイクの時)
良かったですね( *´꒳`*)
犬島 莉犬
犬島 莉犬
…ありがとう!
誰にも解けなかったもん!これ!
相澤さんしか分かんないやつだね(∗•ω•∗)
相澤 あなた (ブサイクの時)
あ、そうなんだwww
犬島 莉犬
犬島 莉犬
……そ、それじゃあ!
ありがとね〜
[莉犬くん視点]
犬島 莉犬(俺)
…///
笑ってる姿…可愛い…♡♡

「相澤さんって、意外な一面あるんだな」っと、そう感じた
なんだろう…なんか分かんないけど、裏がありそう…な?
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
あ、莉犬くん!
あの問題、分かった?
犬島 莉犬(俺)
あ、うん!
相澤さんに教えて貰った!
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
やっぱり、あなたって天才でしょ?
犬島 莉犬(俺)
うん、確かに…
しかも、笑うとめっちゃ可愛い…///
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
(ΦωΦ+)ホホゥ....
という事は…?
犬島 莉犬(俺)
は、はぁ!?
違ぇし!
全く…瑠姫は違う妄想するんだから…
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
へ〜( ̄▽ ̄)
本当に瑠姫は、勘違いばっか!
違うっつーの!

俺はそう思いながら、「あのさ」という一言で話題を変えた
犬島 莉犬(俺)
…そういえばさ、相澤さんのお姉さん可愛いよね〜
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
あなたの…お姉さん…?
犬島 莉犬(俺)
…え?知らない…?
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
いたっけ…?
あなたのお姉さん…
犬島 莉犬(俺)
え…俺…見たけど…
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
…へ?
犬島 莉犬(俺)
ピンクの髪でロングで…とにかくそういう人!
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
あ…えっと…あぁ〜!
いたね、確かに!
忘れてたw
犬島 莉犬(俺)
…名前その人の知ってる?
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
え…いや…えっと…
瑠姫がそういうと、きりの悪い所でチャイムがなった
そして、この話はお預けとなった

…相澤さんって…お姉さんいないの…?
[ころんくん視点]
青島 ころん (僕)
あ…ヤバっ…教科書忘れた…
チャイムがなって約30秒後、クラスのみんなが、これから始まる授業の準備をし始めた
そんな中、僕だけ顔を真っ青にして、机の中を確認していた
青島 ころん (僕)
まじか…相澤さんに見せてもらおっと…(((ボソッ
青島 ころん (僕)
相澤さん!
相澤 (なまえ) (ブサイクな姿)
相澤 あなた (ブサイクな姿)
は、はい…?
青島 ころん (僕)
教科書忘れたからさ、見せてくれる?
僕がそう言うと、「分かりました」と言い、机をくっつけた
すると、相澤さんの方からお菓子のような甘い匂いが漂ってきた
青島 ころん (僕)
クンクン( ̄∞ ̄)
いい匂いだね、相澤さんって…
相澤 (なまえ) (ブサイクな姿)
相澤 あなた (ブサイクな姿)
え…あ、いや…///
相澤さん、なんか照れてる?
なんか可愛い…w
先生
先生
お前ら〜席についてるか〜?
青島 ころん (僕)
せんせー!
教科書忘れたんで、相澤さんに見せてもらいまーす
先生
先生
あぁ、分かった
相澤、よろしくな
相澤 (なまえ) (ブサイクな姿)
相澤 あなた (ブサイクな姿)
はい、分かりました
[続く]