無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8:昼食
【昼食】
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
ん〜!美味しい!
昼食の時間、私と瑠姫で食堂でご飯を食べていた
今日の瑠姫ランチはオムライスらしく、ケチャップのいい匂いが漂ってくる

まぁ、食べてるのは瑠姫だけだけど…w
相澤 あなた (ブサイクの時)
良かったね〜( *´꒳`*)
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
あ、そうだ、前から気になってたんだけど…あなたは食べなくていいの?
こんなに美味しいのに…ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
相澤 あなた (ブサイクの時)
いや、だってさ、私の家って唯華と2人で住んでるじゃん?
だから、お金ないし…
それで食堂代のお金で、唯華の弁当作ってるから…
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
あ〜、あなたも大変だね〜
青猿 ころん
青猿 ころん
あ、いたいた!
(」゚Д゚)」オ────イ!!
私達がそんな話をしていると、向こうから、ころんさんがこっちに向かって、売店で買ったであろうパンを持ち、走って来た
相澤 あなた (ブサイクの時)
ころん…さん?
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
ちょ、ころちゃん…
走らないでくださいよ!
青猿 ころん
青猿 ころん
あ〜ごめんごめんw
犬島 莉犬
犬島 莉犬
(。´-д-)ハァ-
疲れたぁぁぁ〜
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
どうしたの?
3人とも?
ころんさんは、「いや、あのさ…」と言いながら私の隣に座り、「(o´Д`)=зフゥ…」と、一息付いてだるそうに話し始めた
青猿 ころん
青猿 ころん
さっき、教科書貸してもらったから、そのお礼と言ってはなんだけど…これ!嫌いじゃなかったら…あげる!
そう言って、ころんさんは卵パンを私に差し出した
相澤 あなた (ブサイクの時)
え…いいんですか?
青猿 ころん
青猿 ころん
うん…まぁ、いいよ
しょうがないなぁ…
犬島 莉犬
犬島 莉犬
あ〜言ってるけど、「相澤さんにあげるの!」とか言って、ふつーに買ってたけどw
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
え、そうなんだw
青猿 ころん
青猿 ころん
う、うるさい!
もぅ…///
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
www
なんだろう…なんかちょっと嬉しい…( *´꒳`*)

しかも、昼ご飯食べるの久しぶりかも…?
相澤 あなた (ブサイクの時)
ころんさん、ありがとう( *´꒳`*)
青猿 ころん
青猿 ころん
…う、うん
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
( ˆωˆ )ニヤニヤ
犬島 莉犬
犬島 莉犬
( ˆωˆ )ニヤニヤ
青猿 ころん
青猿 ころん
何、その顔!!!
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
(o´罒`o)ニヒヒ♡
「キモイ!」と4人に言い、私と同じ、卵パンを食べ始めた
私も、ころんさんが食べたのを確認し、卵パンを頂いた
青猿 ころん
青猿 ころん
…どう?美味しい?
相澤 あなた (ブサイクの時)
はい、凄い美味しいです( *´꒳`*)
青猿 ころん
青猿 ころん
そかそか、良かった(∗•ω•∗)
相澤 あなた (ブサイクの時)
お昼ご飯食べるの久しぶりなんで、余計に美味しいです!
青猿 ころん
青猿 ころん
…久しぶり?
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
え、お昼ご飯食べて無かったんですか!?
犬島 莉犬
犬島 莉犬
え!?嘘!?
相澤 あなた (ブサイクの時)
実は、食べてなくて…(´>∀<`)ゝ))エヘヘ
私はそう言うと、目を丸くしているみんなの前で、卵パンを1口かじりついた
青猿 ころん
青猿 ころん
えへへ…じゃなくて、大丈夫なの!?
相澤 あなた (ブサイクの時)
あ、はい!
なんとか、大丈夫です!
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
なんで…久しぶりなんですか?
私は、「妹と2人で暮らしており、その為、お金が無いから、食費をうかしてる」という事を簡潔に話した
犬島 莉犬
犬島 莉犬
へぇ〜…ん?
相澤 あなた (ブサイクの時)
…え?
青猿 ころん
青猿 ころん
妹と2人で暮らしてる…?
黄坂 るぅと
黄坂 るぅと
お姉さん…いるんじゃないんですか?
水野 瑠姫(みずの るき)
水野 瑠姫(みずの るき)
あ…
相澤 あなた (ブサイクの時)
あ…え、えっと…
[続く]