無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

喉風邪1日目
彼方
彼方
ヤバイな喉がくそイテェ
雫
どうしたの?
彼方
彼方
イヤー朝起きたら喉風邪になってたわ
雫
頑張ってねー
彼方
彼方
とりあえず熱計ってみるわー
彼方
彼方
(・´д`・)
雫
どうしたのアホみたいな顔して
彼方
彼方
38度
雫
え?
彼方
彼方
熱が38度あるんだか
雫
ドンマイでーす。
彼方
彼方
とりあえず休んで病院に行ってきまーす
雫
いってらー
病院から帰宅後
彼方
彼方
はーい喉風邪でーす
雫
コロ助じゃなくてよかったね
彼方
彼方
とりあえず寝る!
雫
おやすみなさーい
午後6時
彼方
彼方
あれれーおかっしーぞー
雫
コ○ンになるな
彼方
彼方
きずいたら9時間位寝てたわー
彼方
彼方
ヤッベー朝よりひどい
雫
薬は飲んだの?
彼方
彼方
飲んでても酷いんだけど
雫
と言うか声が鬼○の刃の某猪突猛進さんみたいになっとるよ
彼方
彼方
それは自分自身が一番わかってる
彼方
彼方
「ごめんね弱くって」
雫
ハイハイー(無視)
up主
up主
今日はここまで明日にはどうなっているでしょう、次回もサービスサービス!